わきがで悩んでいる多くの人が使用しているクリームの人気ランキングのご紹介をしています。

価格や保証等の特徴や使い方等も是非チェックしてみて下さいね。

わきがクリームの比較ランキング

  1. デオシーク

    デオシーク

    価格 5.0
    使いやすさ 5.0
    効果 5.0
    定期購入:
    4,980円(税別)
    単品購入:
    5,980円(税別)
    送料:
    定期購入無料 単品購入660円
    保証:
    永久返金保証
    特典:
    定期購入初回3,380円(税別)

    デオシークには、制汗作用のあるパラフェノールスルホン酸亜鉛が配合されています。
    これ以外にも、シャクヤクやユキノシタ、セージや柿渋などの天然由来の植物が配合されているために、さらなる制汗作用を来すとされています。

    デオシークは臭いが乾燥によって生じることに着目しており、単に制汗作用を施すのみならず臭いの防止のために保湿も重要であることから保湿成分をも配合しています。
    そして、上記の植物由来成分によって肌の状態も良くしてくれます。

    デリケートゾーンや足のニオイにも効果的です。

    定期コースでのデオシークには、わきがクリームのみならず、ボディソープや消臭スプレーに加えて、何とサプリメントまでも含まれています。
    コストパフォーマンス抜群です。

    安心な全額返金保証が設けられていて、定期購入の初回は1,000円引きになります。

    デオシークの詳細はこちら

  2. クリアネオ

    クリアネオ

    価格 4.5
    使い安さ 5.0
    効果 4.5
    定期購入:
    4,380円(税別)
    単品購入:
    6,980円(税別)
    送料:
    定期購入無料 単品購入660円
    保証:
    永久返金保証

    クリアネオは、その謳い文句どおりに臭いが顕著な場合に塗ることによって、すぐに消臭効果を発揮してくれます。

    このクリオネアは、わきがのみならず、アポクリン腺による臭いが発生している箇所であれば、肛門周辺や陰部周辺にも使用可能なのです。また、足に臭いが生じている場合にも使用可能であるので幅広くお使いいただけます。

    イソプロピルメチルフェノールや制汗剤によく用いられているパラフェノールスルホン酸亜鉛を有効成分として配合しているために、制汗作用を発揮してくれます。
    他製品と比較して消臭効果が長時間継続することが特徴です。
    それでいて肌に優しいです。
    イソプロピルメチルフェノールは、そのあまりに強力な殺菌作用のために臭いの原因菌を除去してくれます。

    クリアネオの詳細はこちら

  3. デオプラスラボ

    デオプラスラボ

    価格 4.0
    使いやすさ 4.0
    効果 4.0
    定期購入:
    5,351円(税別)
    単品購入:
    7,388円(税別)
    送料:
    定期購入無料 単品購入620円
    保証:
    100日間

    上記2製品と同様に無香料な商品で、わきがの女性に特化した商品です。

    植物由来の成分が多数配合されており、わきがはもちろんのこと、チチガやスソワキガや足裏など至る部分に使用可能なのです。

    制汗作用については、上記製品と比較して見劣りするために、あまり汗をかかない人に特化した製品といえるでしょう。

    成分には柿タンニンが配合されており、従来の製品と比較して約40倍もの量が含まれていることが特徴です。さらに、シルクや海藻に加えて、緑茶や紅茶エキスなどといった臭いを断つ成分が多種多様に配合されているのです。
    上記製品同様にイソプロピルメチルフェノールが配合されています。
    乾燥をも防止してくれるセージやどくだみなどといった収れん作用のある成分が配合されています。

    外装がデオドラント製品を彷彿とさせないことがメリットでしょうか。

    100日間の返金保証があり、初回の1本分の代金が返金可能です。

    デオプラスラボの詳細はこちら

わきがクリームを選ぶ時のポイント

自分にとって最適なわきがクリームを選ぶポイントは、全部で6点あります。

総じて力が優れているクリームが望ましく、悪影響が無い製品が望ましいです。

制汗力

ワキガによる悪臭が強くなってしまうか否かは、汗の分泌量に左右される一面はあります。

多くの汗が分泌されてしまえば、悪臭の程度も強くなる訳です。

それでわきがクリームは、製品によって制汗力は異なります。

その力が大きな製品もあれば、そうでないタイプもある訳です。

悪臭の程度を弱くしたい時には、当然前者が望ましい訳です。

どういう製品なら制汗力が強いかというと、含まれている成分で見極める事は可能です。

例えば硫酸アルミニウムカリウムです。

それが含有されているわきがクリームも存在しますが、比較的汗を抑制してくれる力が強いです。

したがって成分表を見た上で、硫酸アルミニウムカリウムが含まれているかどうかを確認すると良いでしょう。

また塩化アルミニウムを多く含む製品も、脇の下から生じる汗を抑制してくれる力が比較的強いです。

殺菌力

同じく製品によって、殺菌力もそれぞれ異なる訳です。

それで脇の下から生じる臭いは、雑菌類に左右される一面があります。

アポクリン腺と呼ばれる箇所から汗が分泌される訳ですが、その臭いが強くなるか否かも菌類次第です。

洗濯物などは、生乾きすると臭いが強くなってしまいます。

それも雑菌類が一因なのです。いわゆる悪玉菌が悪い臭いを発しているイメージになります。

したがって効果が強いわきがクリームを求めているなら、殺菌力が強いタイプが推奨されます。

肝心の雑菌類の数が減ってくれれば、脇の下から生じる悪臭の程度がある程度抑えられるからです。

逆に殺菌力があまり強くない製品ですと、臭いが抑制される程度が限定される場合があります。

保湿効果の大きさ

その効果が大きな製品が推奨される訳ですが、皮脂の分泌量に関わってくるからです。

そもそも皮脂が多く分泌されてしまいますと、雑菌類が多くなってしまう傾向があります。

雑菌類は、汗の中に入っている脂質を捕食しています。

したがって脂質が多ければ、雑菌類も増えやすくなる訳です。

それに加えて皮脂が多い状態ですと、雑菌類がさらに繁殖しやすい環境になってしまいます。

当然それは、脇の下から生じる悪臭を強くしてしまう訳です。

しかし保湿がしっかり行われていれば、皮脂などが分泌される量も抑制される傾向があります。

したがって保湿力が優れていれば、悪臭を抑えてくれる力も大きい訳です。

ですから保湿力が優れた製品が推奨されます。

むやみに強い香りになっていないか

そもそも臭いは、ミックスされてしまうのは余り良くありません。

悪臭をごまかす為に香水などを使っている方もたまに見かけますが、それは逆効果になってしまうのです。

かえって悪臭が強くなってしまいますから、ごまかし目的で香水を使うのは良くありません。

それでわきがクリームによっては、良い香りを発する製品ですと宣伝されている事があるのです。

しかし、そういう製品はあまり良くない事も多いです。

上記の香水と同じく、香りがミックスされてしまうからです。

かえって脇の下から生じる臭いが強くなってしまう可能性が大きいですから、良い香りがする製品というより、特に香りが無い製品あたりが推奨されます。

べたつき

わきがクリームは、もちろん肌の表面に塗る事になります。

それで製品によっては、ややベタつきが生じてしまう事もあるのです。

そもそも化粧品などを使っていますと、べたべたしてしまう事もあるでしょう。

それで使っている本人としては、べたべた感で不快な思いをしている事もあります。

わきがクリームも、ベタ付いてしまう場合があります。

できるだけべたつきが生じづらい製品が望ましい訳ですが、その際に浸透力が基準になるでしょう。

肌の内部までしっかり浸透してくれる製品などは、表面部分に残りづらい傾向があります。

つまりクリームを選ぶ時には、浸透力が優れているかどうかを確認してみると良い訳です。

値段が適正か

コストパフォーマンスが優れているか否かを基準に、選ぶべきでしょう。

そもそもわきがクリームは、それなりに長期間で利用し続けることになります。

それだけに、経済的な問題も軽視できないのです。

そもそも優秀なわきがクリームでも、あまり値段が高いのは良くありません。

いくら優秀な製品とは言っても、あまりにも高額ですとお財布にも響いてしまいます。

経済的理由で、途中で断念せざるを得なくなってしまうでしょう。

もちろん数あるわきがクリームの中には、値段は格安でも非常に大きな効果を発揮してくれる製品はあります。

ですから費用対効果が優れているか否かは、製品を比べるポイントの1つになるでしょう。

わきがクリームはどんな効果があるの?

制汗作用

わきがをケアしようとしたときに殺菌作用に注目してしまいがちですが、制汗作用も大切なポイントです。

その理由はわきがは菌だけが原因というわけではなく、アポクリン汗腺から出ている汗も原因の1つであるからです。

汗が多くなってしまうと、それだけ菌が繁殖しやすい環境になりわきが臭を発しやすくなってしまいます。

ただ殺菌作用のあるわきがクリームでケアをしたとしても、菌を抑えるだけでは多少の効果は感じられるかもしれませんが汗が抑えられていないのでクリームが流れやすくもなってしまいます。

気がつくとまたわきが臭がしてしまっているということに繋がってしまいます。

なので制汗作用によって汗を抑えるということはわきが対策にとっては必要なことなのです。

また、制汗作用のあるクリームタイプを選ぶことでより汗を長く抑える効果が持続しやすいです。

制汗スプレーなどは使いやすいというメリットはありますが、汗を抑えてくれる効果が短いというデメリットもあるのです。

殺菌作用

制汗作用と同じようにわきがにとって必要なのが殺菌作用です。

アポクリン汗腺から出る汗が原因の1つとなるのですが、2つ目の原因が皮膚の常在菌です。

わきの汗や皮脂を菌が分解することでわきが臭が発せられます。

一般的な制汗スプレーで汗を多少抑えても、菌が殺菌されずに残ったままであればわきが臭は発せられてしまいます。

つまり、汗を抑えながら菌も殺菌してしまうこともポイントになるのです。

わきがクリームには殺菌作用と制汗作用のあるものを選ぶのが良いです。

かといって、殺菌しようとしてわきを洗いすぎるのにも注意が必要です。

結果として良い菌まで落としてしまい臭いを強くしてしまうことにも繋がります。

体は優しく洗うことを心がけながら、わきがクリームを使用していくのがおすすめです。

消臭作用

制汗と殺菌でわきが臭の原因となる汗と菌を抑えれば消臭作用は必要ないのではないかと思ってしまいます。

もちろん、制汗と殺菌をすることで消臭作用になるということもあります。

しかし、汗をかきやすい季節や環境にいる方にとって消臭作用もわきがクリームには必要なことです。

その理由は、必ずしもわきがクリームを塗り直せないということが考えらるためです。

いくらクリームタイプで塗っただけで持続しやすいといっても、汗を大量にかくことがあれば流れてしまうこともあります。

そういったときに臭いを抑えるためには消臭作用が必要になってきます。

また、消臭作用は香りでごまかすということではありません。

フローラルな香りなどで臭いを消そうとしても、わきが臭と混ざり合ってより不快な臭いになってしまうだけです。

わきがクリームを利用して原因となる汗と菌を抑えてこそ消臭になります。

わきがクリームの効果的な使い方は?

脇の下からの悪臭が気になる時には、わきがクリームを使う事がおすすめです。

ただし使い方次第では、効果が限定されてしまう場合があります。

思ったよりもクリームの効果が弱い時などは、使い方が間違っている事もあります。

ですから、適切な使い方は押さえておくべきなのです。

どういう使い方が良いかというと、

わきを綺麗な状態にする

少なくとも、汚れなどが蓄積している状態は良くありません。

皮膚の表面には、当然汚れなどが蓄積する事はあります。
そのままの状態でクリームを塗ったところで、効果は限定されてしまうのです。

そもそも汚れが蓄積した状態は、皮膚表面に蓋が設置されているようなイメージになります。
その状態でクリームを塗っても、やはり効果は小さいのです。

それよりも、汚れを除去してあげる方が良いでしょう。
ですから、シャワーを浴びた後のタイミングなどは推奨されます。

少なくともシャワーを浴びていれば、皮膚の表面にある汚れなどは、ほぼ除去されている状態になります。

その分クリームの効果も高まりやすいですから、汚れ除去を心がけるのが望ましいです。

クリームに撥水性があるという事を抑えておく

撥水性とは、いわゆる水を弾く力の事です。

たまに外出する際に、衣類に撥水スプレーが使われている事もあるでしょう。

スプレーをしておけば、衣類が水を弾きやすくなるからです。

ですから脇の下に水が残留している状態でクリームを使うのは、あまり望ましくありません。

そもそも撥水性がある以上は、水とミックスしづらい訳です。

ですから水がある場所にクリームを使ったところで、弾かれてしまいます。

もちろんクリームが弾かれてしまうと、脇の下から生じる悪臭を抑える力も、やや限定されてしまう訳です。

したがってわきがクリームを使う時には、脇の下の水は取り除いておくべきでしょう。

重ね塗りをする

1回だけ使用するのではなく、できれば重ね塗りをする方が良いでしょう。

例えば朝起きてシャワーを浴びた後に、取り敢えずワキガクリームを使用したとします。

しばらく時間が経過しますと、徐々にクリームは乾燥するのです。

そして乾燥したら終了ではなく、改めて塗ってみるやり方があります。

つまり安全に乾燥したタイミングを見計らって、改めてもう一度わきがクリームを塗るという使い方があるのです。

確かに一度塗りをした時でも、クリームはそれなりに効果は発揮してくれる傾向はあります。

しかし1回だけ塗るよりは、やはり二層構造にしてあげる方が、肝心の悪臭を抑える効果も高まりやすいのです。

特に朝にクリームを使う時などは、2度塗りを心がけてみると良いでしょう。

通販のわきがクリームをお勧めする理由について

わきがクリームとはその名の通り、脇に存在するアポクリン線から放たれるわきが独特の不快なにおいを改善してくれる薬用クリームの事です。

わきがクリームを嫌う人の中には「クリームを買うくらいだったら手術をしてアポクリン線を除去した方が良いのでは?」と考える人も多いかと思いますが、人間そんな簡単に手術に踏み切れるものではありません。

手術というのは体にメスを入れることを意味し、この行為に抵抗感を持つ人は少なくはないのです。

その問題を手早く解決してくれるのか「わきがクリームであり」クリームに含まれる消臭成分により、塗っている間はわきがの臭いをカットしてくれます。

わきがクリームは世の中にたくさん販売されており、わきがの臭いの強さに合わせた各種クリームに分けられています。

この消臭力の判断は残念ながら成分表示を確認しても判断することは難しく、使用者のコメントが記載された「口コミレヴュー」などのインターネットサイトの閲覧がもっとも消臭の確認に適している方法です。

わきがクリームをお勧めする理由のもう一つの理由として「香水のような匂いのするクリームがある」ということが挙げられます。

花の香りや男性でしたらシトラスのさわやかな香りなど、無臭でわきがのにおいを抑えるクリームもありますが、このようないい臭いの物も売られているので香水代わりに使用できます。

わきがの臭いを消臭するための物ですのでこのように臭いにバリエーションがつくことは当たり前なのかもしれませんが、こうして臭いの選択肢が選べるという事はクリーム選びの楽しみが生まれるとても良いことです。

アポクリン線の除去手術を行ったとしても、稀にその線の取り残しがあることがあり臭いを発生してしまいます。

そのようなときでも即効性のあるわきがクリームは便利に使用ができますし、わきがの臭いがするが手術を行うほどでもない人にもおすすめです。

もちろん手術費用が確保できな人にも良い選択肢となりますし、いつでもわきがの臭いを消す手段を持参できるという点ではとても優秀な商品なのです。

わきがの臭いで生活に大きな支障が出ている人には手術を勧めますが、そこまでの臭いでない人には安価なクリームでの対処が適しています。

効果が高く価格も高価なわきがクリームは持続力も消臭力も段違いな商品はごまんとありますし、使用を週間付ければ臭いを気にすることなく普通に生活が可能です。

手術に比べ安価でいつでも臭いに対処できるのがわきがクリームの強みですので、使用を検討している人はこの記事を参考にしてみてください。

わきがクリームを使用した口コミ

わきがクリームに頼ってみて安心できました

10代の学生だったころから、わきがの臭いに悩まされていました。

陰でクラスメートに「なんかあの子くさい」と言われてしまったり、男子から名指しで「お前わきがでしょ」と言われたりして、すごく悔しい思いをしてきました。

今は27歳なのですが、わきがクリームを使いはじめたことで臭いが半分以下くらいにおさまってきて、わきを見せるような服装でもあまり気にならなくなりました。

やっぱり、人から言われるのって嫌な気持ちになりますし、自信が持てなくなりますよね。

わきがクリームを塗るのは、出かける前や昼過ぎのことが多いです。

用法を守るのは大事ですが、塗り直しはきちんとしたほうが安心できます。

また、汗を抑える工夫もしています。

制汗剤とうまく組み合わせると良いのではと思います。

以前は人から臭いと思われているのでは、と考えてしまうことが多かったのですが、堂々と人前に出ることができるようになりました。

やはりいつまでも気にしているよりは、迷惑をかけないためにもわきがクリームを使用すると良いと思います。

わきがクリームでどんな服も着こなせるようになった!

私は37歳女性です。
思春期の頃から長年ワキガに悩まされてきました。

でもワキガクリームを塗るようになってから、オシャレのバリエーションが増えました。

ドラッグストア等で一般的に売られている消臭スプレーだと臭いはごまかされても、臭いの元までは抑えられません。

また綿や毛糸の服だと服に臭いはあまり移りませんが、レーヨン等のツルツルした生地だとなぜか悪臭が発生します。

オシャレの幅が狭まって困っていました。

でもワキガクリームを塗ってからはどんな服でも臭いが移らなくなりました。

以前は海外産のワキガクリームを使っていました。

効果はバッチリだったのですが、かゆくなる事が難点でした。

何の成分が悪かったのか、肌に刺激が強すぎたんでしょうね。

今は国産のデオシークというワキガクリームを使っています。

国産はかゆくならないし安心です。

臭いの元にしっかり効くので朝一回塗るだけで夜まで臭いません。

念のため夏場は一度職場で塗り直します。

ここぞと言う時には一度塗り直すとより安心できますよ。

ワキガクリームでオシャレのバリエーションを広げるだけでなく、自分に自信を持てるようにもなりました。

わきがクリームを使ってコンプレックスの一つがなくなりました

現在27歳男です。
脇から臭いがすることは中学2年の時に少し気になるようになりました。

それまで腋臭という言葉を知らず部活前などにスプレーをしている程度でした。

しかし年々、自分の臭いを気にすることが増えました。

また中学3年のときに腋臭という言葉を知り、同時にCMで腋臭クリームの存在を知りました。

それ以降、クリームを朝付けると臭いが気にならなくなりました。

また女性と関係を持つときも、洋服を脱ぐことに対し抵抗がなくなりました。

ただ汗を大量にかいた日や過度に緊張したあとは臭いが少し気になることがありました。

なので、リュックにはハンディタイプのものを入れ、汗をかいた日はトイレに行きこっそり塗っていました。

クリームを塗ったあと、腋臭について心配することはほとんどありませんでした。

今最も腋臭に対し有効な手段は、脇汗パットをインナーに付け、腋臭クリームを塗ることです。

そして、臭いがきになりそうであれば、パットを交換し、クリームを塗ります。

これで気になることはほぼありません。

シャツの黄ばみも付きません。

費用も大きくかからないのでおすすめです。

脇の臭いがないだけで、異性との交流にも自信を持てますし、派手に遊んだり運動して汗をかくことに抵抗がなくなりました。