脇の下からの悪臭が気になる際には、インナーはよく選ぶ必要はあります。

ワキガ対策を考慮すれば、総じて通気性や速乾性を基準に、インナーを選ぶ事になるでしょう。

汗を乾燥させる必要はある

ワキガで悪臭が発生するのは、きちんと理由があります。主に悪玉菌が原因なのです。

悪玉菌は、汗が多い場所に繁殖する傾向があります。残念ながらその菌類は、悪臭を発しているのです。

ですから悪玉菌を増やしたくない時には、汗をできるだけ抑える必要はあります。

そのポイントの1つが、汗の乾燥なのです。

体から汗が放出されたと言っても、ある程度時間が経過すれば、自然と蒸発するでしょう。

それで汗の量が少なくなれば、悪玉菌も生息しづらい環境になります。

脇の下は、できるだけ汗を乾燥させるのが大切なのです。

通気性が優れているインナーにすべき

インナーは、それぞれ通気性に関する違いはあります。

空気が比較的通りやすいインナーもあれば、その逆もあります。

化学製品で作られている下着類などは、総じて通気性は多くない事も多いです。

上述のように、脇の下からの悪臭が気になる時には、できるだけ乾燥させる必要があります。

下着を選ぶ際には、通気性が1つの基準になるでしょう。

速乾性があるインナーが推奨される

また通気性があるだけでは、実は不十分です。
そもそも通気性が優れていると言っても、下着に汗が残ってしまうようでは意味がありません。

汗を、できるだけ早く乾かす必要があるのです。

もちろん下着によって、それぞれ速乾性に関する違いはあります。

脇の下に存在する汗は少ないに越した事はありませんし、速乾性が優れているか否かも、インナーを選ぶ基準の1つになるのです。

わきが対策に良いおすすめのインナー素材は?

ワキガ対策の為には、インナーの素材にも気を配る必要はあります。

それで数ある素材の中でも、コットンなどはおすすめです。

なぜなら、その素材は上記でも触れた汗の乾燥に関する性能を兼ね備えているからです。

吸い取る力と通気性が優れている

コットンという素材は、主に2つ特徴があります。

まず1つ目は、汗を吸い取ってくれる力です。

数ある下着の素材の中でも、汗を吸着してくれる力が非常に優れているのです。

下着がそれを吸い取ってくれない事には、脇の下に汗が残留した状態になってしまいます。

それは雑菌類の繁殖を招いてしまいますし、汗を吸い取ってくれる力が強いコットンはおすすめなのです。

それと2つ目は、コットンの通気性です。

数ある素材の中でも、かなり通気性が優れているだけに、汗がこもりづらい傾向があります。

吸い取る力が強いレーヨン混のコットン

またコットンの中には、レーヨン混というタイプもあります。

コットンもおすすめですが、レーヨン混のコットンもワキガ対策としては有効です。

というのもレーヨン混のコットンも、汗を吸着してくれる力が強いからです。

コットンもおすすめですが、その吸着力の強さから、レーヨン混も推奨されます。

汗を蓄積させづらい性質がある

またレーヨン混のコットンは、汗の蓄積に関するメリットもあるのです。

上記でも触れた通り、たとえ通気性が優れていたとしても、汗が残留してしまうのでは意味が無いです。

しかしレーヨン混のコットンは、汗を放散してくれる力が非常に優れています。

下着の中に汗がこもりづらい訳ですから、脇の下から悪臭が生じづらくなると見込まれるのです。

ですから通常のコットンだけでなく、レーヨン混のタイプもおすすめです。

わきが対策でNGなインナー素材は?

インナーに採用されている素材は、とても多彩です。中には天然繊維ではなく、化学繊維が採用されている製品もあります。

それでわきが対策の観点からは、化学繊維のインナーはあまりおすすめできません。

それには、主に2つの理由があります。

下着に悪臭がこびり付く事がある

衣類に対しては、しばしば悪臭が付着している事もあるのです。

タバコの臭いなどが、インナーなどに残っている事もあるでしょう。

ワキガの悪臭も例外ではありません。

洗浄しても悪臭が取れづらい化学繊維

ただし悪臭が付着したとしても、通常は洗濯で除去する事はできます。

そもそも悪臭が発生しているのは、洗濯物に強い臭いを発する物が付いているからです。

タバコのヤニなどが、洗濯物に付着している事もあるでしょう。本来それは、洗濯で取り除けるのです。

ですが化学繊維は、やや特殊なのです。数ある素材の中でも、悪臭原因が取れづらい性質があります。

頑張って洗濯をしても、なかなかヤニなどが取れない事も珍しくありません。

ワキガが気になるなら化学繊維は避ける

それで脇の下から生じる悪臭にしても、やはり原因物質はあるのです。

たとえ洗濯をしたところで、化学繊維に付着している物質が取れない事もよくあります。

ですから洗濯後も、下着に強い悪臭が残留した状態になってしまうのです。

それを考慮すれば、やはり化学繊維はおすすめできません。

大変蒸れやすい化学繊維

また化学繊維によるインナーは、上記の通気性に関する問題点もあります。

よく言われる話ですが、化学繊維で作られているインナーは、コットンなどと比べると汗がこもりやすいです。あまり通気性が優れていないので、どうしてもインナーの中に、汗が残留してしまう傾向があります。

もちろん、それはインナー周辺に悪玉菌が生じやすい状態になってしまうのです。

脇の下の汗が多くなりがちな事を考慮しても、やはり化学繊維のインナーは避けた方が良いでしょう。

わきが対策でインナーに汗わきパッドは効果あるの?

インナーによっては、内部に汗パッドが設置されています。

ワキガ対策を考慮すれば、汗パッドは大いに意味があるのです。

それには主に2つ理由があって、悪臭を吸着してくれる性質と、汗を吸い取ってくれる効果です。

汗の吸着効果が優れているパッド

まずパッドには、吸着力の高さに特徴があります。

もちろんコットン素材の衣類なども、それなりに汗を吸着してくれる力はあります。

やはり衣類が汗を吸い取ってくれる方が、悪臭の程度も抑えられる傾向はあります。

しかし下着本体と比べると、パッドの方が吸着力が優れているのです。

その分だけ悪臭の程度が限定されますから、ワキガ対策としては有効なのです。

脇の下を衛生的にしてくれる

それと汗が吸収されますと、脇の下の雑菌類にも影響があるのです。

やはり脇の下に多くの汗が残っている状態では、どうしても雑菌類の数は増えてしまう傾向があります。

それは、あまり衛生的ではありません。

しかし汗パッドを装着した状態にすると、雑菌類も繁殖しづらくなるのです。

それだけ衛生的な環境になりますから、ワキガの悪臭の程度もかなり抑えられる傾向があります。

臭いを吸着してくれる

また汗パッドには、悪臭吸着の効果も期待できるのです。

悪臭と言えば、たまに備長炭などが使われる事もあります。

その炭は、悪臭を吸着してくれる力が非常に強いからです。

ですから臭いが気になる箇所に炭を設置しておくのは、大いに有効です。

それで汗パッドにも、その炭に似た力がある訳です。

通常の下着の素材と比べても、かなり悪臭を吸着してくれる力が優れています。

化学繊維でない汗パッドがおすすめ

このように汗パッドはワキガ対策としては、大いに効果は期待できるのです。

ただし、それもパッドの素材に左右されると考えて良いでしょう。

やはり化学繊維の汗パッドなどは、できるだけ控えた方が良いです。

それでも一定の力は発揮してくれますが、やはり天然素材の汗パッドの方が、悪臭を抑えてくれる力も比較的強いからです。

汗パッドが使われているインナーを選ぶにしても、その素材は確認する方が良いでしょう。