結論から申し上げますと、わきがと食べ物は密接に関係していると言うことができます。

なぜなら、食事によって自分の体に取り入れるものによって、自分の体の中から外に排出されるものが変わってくるからです。

時にその食生活こそが、わきがの原因になり得るのです。

食事によって取り入れたものが自分の体から外に出る方法は、排泄物、つまり尿や便によって外へ出されると考えることが多いですが、実はそれだけではありません。

聞かれたことがないかもしれませんが、私たちの体の皮膚には皮脂腺とアポクリン腺があります。

皮膚に毛が生えてきますが、その毛の根元部分に存在している部分でもあります。

そして私たちの肌がカサカサになってしまうのを防いでくれる機能でもあります。

しかし皮脂腺から皮脂が分泌されるのですが、出される量が多いとベタベタや悪臭を放つ可能性につながります。

よくレストランなどに行くと、中高年代の男性が油ベトベトの顔をふきんで拭いて気持ちよさそうにしている姿を見ることがありますが、それも皮脂腺から出ている皮脂が原因となっている場合があります。

つまりそれと同じ現象が自分のわきにも生じるかもしれないと言うことです。

わきの部分の乾燥を防いでくれるならまだしも、食事によっては皮脂腺から分泌される成分が変わってきて、匂いが強くなりわきがになる可能性が強まります。

なぜそう言えるかというと、皮脂腺から食事によって取り入れたり、何らかのかたちで取り入れてしまった老廃物などを排出することがあるからです。

先ほど取り上げたように、尿や便を通して老廃物は排出されますが、私たちの体は良くできていて皮脂腺を通しても排出されるので、そのことを考えると食生活が、わきがになるかどうかを左右するかということが理解できるはずです。

わきがのニオイを強くする食べ物や調味料等はどんな物?

わきがにならないために避けたい食べ物の一つは、肉類です。

食事で肉系の食べ物を取り入れると臭いの原因になりうる物質がアポクリン腺から排出されます。

なぜなら、肉には中性脂肪が含まれているからです。また動物性脂肪が含まれていることもよく知られています。

よくヨーロッパの人達の体臭が独特のニオイで気になると言う人がいますが、 彼らの食生活に原因があるのは言うまでもありません。

肉食だからです。

それがワキガを引き起こしてると言っても過言ではないでしょう。

さらに他にもわきがにならないために避けたい食べ物の一つは、香辛料です。

香辛料好きな人にとっては聞きたくない内容かもしれませんが、 私たちは自然と香辛料を多く取り入れると汗をかきます。

香辛料によって汗腺が活発になるからです。これは自然な反応です。

しかしその食事によって取り入れた香辛料の成分が汗腺に溜まってしまう可能性があり、わきがの原因になりえます。

高カロリーの食事を避けることも必然となってきます。

揚げ物などには動物性脂肪や脂肪酸が含まれていることが少なくないからです。

簡単に言うと、健康にあまり良さそうではないスナック菓子やファーストフードでの食事を控えめにすることができるかもしれません。

よく選べば低カロリーのものも見つけることができるはずですが、往々にして高カロリーの食事を自分の体に取り入れることに繋がるかもしれないからです。

わきがのニオイを和らげる食べ物や調味料等はどんな物?

野菜を食事でよく取り入れるのであれば、自分の体のニオイを軽減してくれます。

他にもわきがのニオイを和らげることができる食事は、乳製品、豆類、魚、などです。

これらのわきがのニオイを和らげる食べ物について知って、恐らく多くの人は、「なんだ、ちょうど日本人である私たちが食べるっている食事じゃないか」と考えられた方もおられることでしょう。

ですから私たち日本人は、外国に住まわれている方に比べて比較的体臭がきつくなく、少ないと言われています。

これは日本人ならではの非常に嬉しいメリットと言えます。

外国に住んでいるのであれば、食事にもっと気を使ってわきがにならないために体に悪いものを避ける努力をもっと厳密に払わなければなりません。

しかし私たち日本人は、スーパーに足を運ぶだけで豆腐をメインにした料理を簡単に入手することができます。

最近であればハンバーグを食べたいなと思った時にも、豆腐ハンバーグを食事に取り入れることができます。

わきがのニオイを和らげる効果的な食生活や食事方法は?

わきがのニオイを和らげるために、肉系や高カロリー傾向の食生活を避けなければならないとはいえ、そした食事を完全に取らないわけには行きません。

ですから肉系の食事をとる時には、なるべく揚げ物を避けることができるでしょう。

単純に高カロリーです。

そして食事で肉を取り入れる時には、同時に野菜や果物をしっかり取り入れるようにしましょう。

肉や揚げ物だけで、お腹いっぱいになったとしたら、それだけでわきがのニオイが強くなってしまいそうです。

しかし、ニオイをほとんど出さない食材として知られている果物や野菜を取り入れればわきがのニオイは和らぐはずです。

時々、「香辛料の強いものを食べたいな」と思うときがありますが、ほどほどにしましょう。

物足りないなと感じた時には、食事に醤油をチョイスしましょう。

香辛料のような独特の匂いを体から放つことはないからです。

さらに穀物などを取り入れることを意識することもできます。

なんだか難しそうに感じるかもしれませんが、コンビニやスーパーで最近では安価で販売されています。

グラノーラ系の事ですね。

牛乳やヨーグルトなどと混ぜて食べやすくすることができます。

ニオイを気にしている方は、朝食に穀物系を食べてる人が多くいます。

もちろん乳製品の取り入れすぎも匂いを強くする可能性につながりますが、完全に避けることはできないでしょう。

普段、乳製品をたくさん取り入れていた食事に、穀物系を取り入れることによって、わきがのニオイを和らげることに貢献できます。

ダイエットと同じて、あまり無理をしすぎても長く続けることができませんから、いつもの食生活を180度変えることを意識するのではなくて、 その食生活を基盤として、そこにわきがのニオイを和らげる食事をチョイスしていきましょう。

つまりいつもの食生活だったら、肉だけで食事を済ませたいたところに、サラダを取り入れることができます。

またいつも小腹がすいた時にポテトチップスなどのスナック菓子を食べていたところに、穀物系のビスケットなどをチョイスすることができます。

食べる量は変わらないかもしれません。しかし、自分の体に取り入れている物質が全然違います。

そして、自分が美味しいと感じることができる食材を選ぶようにしてください。

以前は、肉しか美味しいと感じられなかった人でも、お気に入りの果物が見つかるかもしれません。

季節が変わるごとに自分の好きな果物や食べ物を見つけることができるのであれば、一年の食生活をトータルで見たときに、 今までは高カロリーの食べ物をばっかり取り入れていたのが、今度は健康にも良い、わきがのニオイを和らげる食材に変わってきます。

実際今まで食べていたものを他のものに置き換えているだけですので、ダイエットをしている感覚を抱くことはないでしょう。

むしろ自分の体の状態がさらに良くなるのを日々実感していくに違いありません。

結局、わきがのニオイを和らげる食生活に、まず必要なのは知識です。

それがないと、何を避けて何を取り入れて良いか明確に判断することができないからです。

そして、一度、知識を得たのであれば、あとは実行あるのみです。

しかし、わきがを気にするがあまり無理をしすぎないようにしましょう。

結局、体質は長期間かけて改善されていくものだからです。

大きな変化を短期間ではなく、小さな変化でも長期間続けてわきがのニオイを和らげていきましょう。