わきがに悩む方の中には、わきが臭を気にするあまり全く運動しない方もいらっしゃいますが、実はこの運動をしないというのはわきがを悪化させてしまう原因になっています。

なので、わきがの改善を目指す際にはできるだけ運動する事を心がける事が重要なポイントになっていて、継続して運動を続けた結果わきがが改善されたというケースも実際に見られます。

わきが対策の予防に運動が効果的な理由は?

まず、わきがの原因は汗だと言われていますが、より正確に言えば汗そのものではなく皮膚にいる常在菌が汗を分解する時に発生する臭いが原因です。

したがって、わきが対策としては汗の量を抑える事もポイントになりますが、それ以上に汗の質を良くする事で分解時に発生する臭いを抑える事が可能になり、その為には定期的に運動する事が良いとされています。

また普段から運動を行っていないような方は新陳代謝が悪くなってしまう傾向が見られますので、本来は体外に排出されるはずの老廃物や不純物が体内に溜まりやすくなり、そうなってしまうと汗の中に大量の老廃物や不純物が含まれます。

なので常在菌がその汗を分解した時に発生する臭いも強いものになってしまい、それがわきが臭を強くする原因となりますので、キチンと運動を行い基礎代謝と新陳代謝を上げる事は汗の質を良くする為のキーポイントです。

なお、普段から運動をあまりしない方が急に運動を始めた場合、わきが臭を強く感じる可能性が高くなりますが、これは急に運動した事よりもそれまで運動しなかった事が大きな原因になります。

例えばエアコンなどもそうなのですが、今まで手入れをしていない状態で急に動かすとエアコン内部から臭いが発生するように、今まで溜め込んでいた老廃物や不純物が急激に排出された事で汗から感じるわきが臭が強くなるとされています。

したがって強いわきが臭を感じたからといって止めてしまう事は意味がなく、運動してわきが臭が強くなる事はわきが改善の第一歩と考え、そこから汗の質を良くする為の運動を継続して行う事が大切です。

わきが対策におすすめの運動は?

わきが対策におすすめできる運動はいくつかありますが、その基本となるのは有酸素運動になっていて、汗の質を良くする為には軽い負荷を一定時間かけ続ける必要があるので有酸素運動が適しているとされています。

例えばスイミングやジョギングなどは有酸素運動の代表格になりますので、わきが改善の運動としては強くおすすめできますが、この時に注意しなくてはならないのが必ず継続して定期的に行う事になります。

なのでその様な工夫をしておく事が重要なカギとなり、例えばスポーツジムに入会してプールで泳いだりエアロバイクを使って運動する事も、定期的に運動を続ける為には必要な事になります。

また、スポーツジムに入会する事が難しいのあれば毎日の生活の中にウォーキングを取り入れる事が良いとされていて、この場合は電車で一駅分は歩くようにしたりエレベーターやエスカレーターではなく階段を使って昇り降りする事で有酸素運動を生活の中に取り入れる事が可能です。

さらに会社や学校などが近い距離にあるのならば、車やバスを利用するのではなく自転車や徒歩で通う事が良いと言えますので、できる限り毎日軽い運動ができるような工夫が大切になります。

なお、有酸素運動を行う際には体を痛めてしまわないようにしておく事が非常に重要なポイントになっていて、例えばジョギングなどでも間違ったやり方をしてしまうと膝や腰を悪くしてしまう可能性があります。

そしてスイミングでも間違ったフォームで泳いでいると肩や腰に負担がかかりますので、できれば一度はスポーツジムに行ってトレーナーに指導してもらう事が良いとされています。

ただし有酸素運動でかいた汗は良い汗ではありますが、そのままにしておく事は衛生面での問題になりますし、わきがは汗が気化した時に臭いが拡散していく事から、運動した直後からタオルやデオドラントシートなどでしっかり拭き取る事やスポーツジムなら備え付けのシャワーで洗い流してしまう事がポイントです。

また、汗を吸収したトレーニングウェアなどは雑菌が繫殖している可能性が極めて高いので、すぐに着替えると共に早めにキチンと洗濯しておく事がわきがを悪化させないためのカギとなります。

わきが対策にダメな運動は?

わきがの改善に有酸素運動が良いならば、避けるべき運動は無酸素運動となり、そもそも無酸素運動とは主に筋力向上のために行われる運動になります。

なので、汗を排出して溜まった老廃物や不純物を体外に出すと言う意味では効果はありますが、本来の目的である汗の質を良くすると言う点ではほとんど効果はありません。

なぜかというと、有酸素運動を行った場合はアルカリ成分である重炭酸イオンが少ない酸性の汗が出るようになり、これが一般的に言われているようなサラッとした汗です。

この酸性の汗は常在菌の繫殖を抑える効果があり、分解される汗の量が減り結果的にわきが臭を抑えることができますので、有酸素運動が効果的となります。

一方、無酸素運動を行った際には体に短時間で強い負荷がかかりますので、乳酸と呼ばれる疲労物質が体内に蓄積されていき、汗をかいた時に菌の増殖を招いてしまう可能性が高いです。

したがって、腕立て伏せや腹筋背筋、ベンチプレスやスクワットなど短い時間で連続して大きな負荷をかける運動は避ける必要があるとされていて、適度に行うことは健康維持に役立ちますがわきがの改善と言う意味ではほとんど効果はないと言えます。

運動不足はわきがのニオイが悪化する?

運動を継続して定期的に行うことでわきがは改善できるのですが、運動不足だとわきがが悪化するのかと言われれば答えは悪化すると言えます。

これは、上記の様に運動不足だと新陳代謝が悪くなり老廃物や不純物が溜まりやすいと言うのも理由の一つになりますが、その他にも汗がアルカリ性になってしまうというのがわきがが悪化する原因に数えられています。

有酸素運動をする事で汗が酸性に変わると言う事は、運動していない状態だと汗はアルカリ性になっていると言えますので、常在菌が活発に動きやすい環境となり汗の分解が促進されてしまいます。

また、わきがは基本的にアポクリン汗腺から排出されたベタつきのある汗が分解される事で臭いが発生しますが、運動不足により汗がアルカリ性になると脇の下もアルカリ性に傾きその影響はエクリン汗腺にも及びます。

通常エクリン汗腺から排出される汗は運動した時に出るサラッとした汗なのですが、この中にも老廃物や不純物は含まれておりそれが活発になった常在菌が分解する事で、わきがの臭いが強くなってしまう可能性が高いです。

この様に、運動不足になってしまうと体臭の問題も悪化してしまいますので、わきがだけにとどまらず体全体が臭くなってしまうという危険性が潜んでいます。

なお運動不足はわきがの悪化以外にもわきがが改善しにくくなるという弊害も発生させる事があり、普段から全く運動をしないような方は少しの運動でも息切れてしまう事が多いので、軽い運動でも大きな負荷になってしまう傾向が見られます。

そうなると上記の様な有酸素運動を辛いと感じるようになり、継続して定期的に行えないようになってしまうので、運動不足はわきがの大敵と言うことができます。