人間の年齢は、臭いと大きな関係があります。

40代になると、脇の下から生じる悪臭が強くなる事は、実際あるのです。

ストレスや食生活などが、主たる原因です。

ストレスと体調不良との関連性

テレビ番組などでは、たまにストレスに関する話題が取り上げられている事もあります。

ストレスが高まってしまいますと、体調が崩れがちだと紹介されている事も多いです。

現に生活習慣病などは、ストレスとの密接な関連性はあるのです。

過大なストレスが蓄積している方々は、発病率も高まる傾向があります。

40代になってからストレスが溜まりがち

それで会社勤めをしている方々は、40代になるとストレスの蓄積度も高まる場合があります。

30代まではそれほどストレスが多くなくても、40代になってから様々なストレス要因が重なることもあるのです。

ストレスが悪臭原因になる

上記でも触れた通り、ストレスは様々な体調不良の一因になります。

それは、悪臭なども例外ではありません。

もともとワキガなどは、体内にある腺などの器官の状態に左右される訳です。

ストレスがむやみに重なってしまいますと、腺などの働きも悪くなります。

ですから40代になれば、脇の下から生じる悪臭が強くなる事はあるのです。

40代になってから食生活が変化する

また30代と違って、40代は食事のお付き合いなども変わる事があります。

30代とは食べ物の質が変わってくる事もありますが、中には後輩物などが蓄積しやすい食品もあるのです。

老廃物が一因でワキガが強くなる

それでお腹の中に悪い物が多く溜まってしまいますと、それは脇の下にも影響を及ぼす事になります。

お腹の中と脇の下は、無関係ではありません。

その2箇所は、血管で接続されているでしょう。

それで老廃物というのは、悪臭が非常に強いわけです。

それが脇の下まで伝わってきて、40代から急に悪臭が強くなる事はあります。

40代でワキガになった場合の対策方法は?

ですから40代になれば、脇の下から生じる悪臭が強くなる事はありますが、対策は可能です。

主に2つの対応策があって、食生活とインナーがポイントになってきます。

食品添加物などは避ける

お腹の老廃物と密接な関連性があるのは、日常食品の中に含まれている添加物です。

食品によっては、あまり良くない甘味料などが含まれている事もあるでしょう。

そういう人工物は、あまり良くありません。

明確な悪臭の原因になる訳ですから、普段から避けるのが望ましいでしょう。

ワキガ対策になると見込まれる食品

逆に、ワキガを改善してくれる効果が期待できる食品もあります。

例えば食物繊維などは、有益な食材の1つです。

それはお腹の中を掃除してくれる力がありますから、老廃物なども外に出やすくなるでしょう。

また日常食品の中には、納豆やキムチなど発酵しているタイプがあります。

それはお腹の中にポジティブに働きかけてくれる効果が見込めますから、腸内環境の改善効果は期待できるでしょう。

臭いが蓄積しやすい下着に注意

悪臭は、下着と大きな関係があります。

下着は、それぞれ通気性に関する違いがあるのです。

汗などを吸収しやすい下着もあれば、その逆もあります。

それで注意すべきなのは、あまり通気性が良くない下着です。

悪臭を内側に蓄積させてしまう性質がありますから、着用は避けるべきでしょう。

綿素材が使用されている下着がおすすめ

逆に、臭いに関するポジティブな効果が見込める下着もあるのです。

例えば、綿素材が使われているインナーです。

そのタイプの下着の場合は、通気性などは比較的優れています。

その分悪臭などが蓄積しづらくなりますから、綿素材が採用されている下着に交換してみると、ワキガが解消される事もあるのです。

40代のワキガの予防対策は?

40代になってからは、ワキガになる可能性は大いにあります。

そして改善する事も可能ではありますが、なってしまってからでは遅いという考え方もあるのです。

ですからワキガは、予防しておくに越した事はありません。

ストレスはあまり溜め込まないのが望ましい

それで上記でも少し触れた通り、ワキガはストレスとは関係があるのです。

やはりストレスが多くなってしまえば、どうしても悪臭の程度も高まる傾向はあります。

このため予防したいと望むならば、普段からのストレス蓄積の姿勢がポイントになるのです。

そもそもストレスの蓄積などは、本人の心がけにも左右される一面があります。

ポジティブな考え方をしている方々などは、ストレスも蓄積しづらいとはよく言われます。

逆にネガティブ思考ですと、ストレスが溜まってしまう事も多いです。

考え方の転換などをし、ストレスが軽減が達成できれば、脇の下からの悪臭が改善される場合があります。

運動で発汗作用を高めておく


また脇の下からの悪臭は、普段の運動とも関係があります。

人によっては、あまり運動の頻度が多くない事もあるのです。

しかし運動不足ですと、どうしても発汗作用が弱くなる傾向があります。

そして発汗作用が今ひとつですと、どうしてもワキガの臭いも強くなってしまう傾向があるのです。

逆に運動を積極的に行っておきますと、発汗作用は高められる傾向があります。

ですからワキガを予防したいと望むなら、運動も推奨されます。

更年期とワキガの関係性は?

更年期になりますと、体内では様々な変化が生じる傾向があります。

その変化は、脇の下から生じる悪臭とも関係があるのです。

更年期になってから女性ホルモンの状況が変化する

ところで年齢が高まりますと、女性ホルモンの分泌量が変わる事が多いです。

例えば若い年代層の時には、1日につき100程度の女性ホルモンが分泌されていたとします。

ところが年齢が高まってきますと、体質も変わってくるのです。

体内器官の状況も変わってきますから、女性ホルモンの分泌量も変化します。

100などでなく、50や40などに減少する場合があります。

女性ホルモンの量はワキガと関係がある

それで脇の下から生じる悪臭は、上記のホルモンとの関連性が指摘されている場合があります。

医療関係者の方々は、たまにホルモン量と悪臭に関する研究を行っていますが、両者には密接な関連性があるという発表結果もあります。

ですから、更年期とワキガは大いに関係あるのです。

血行の変化とワキガ

また更年期になりますと、血流状態も変化する場合があります。

様々な食生活の変化などにより、体内の状況も色々変わってきますから、血液の質が変わる事もあるのです。

そして血液は、ワキガとも大いに関係があります。

血液の観点からも、更年期とワキガは関連性がある訳です。

更年期になるとワキガが発生しやすくなるの?

ワキガ発生率は、ホルモンや血流との関連性があります。

上記のような兼ね合いがありますから、結局は更年期になれば、悪臭が発生する確率は少々高まるのです。

汗腺の調整が難しくなるという原因

まず更年期になった時の女性ホルモン減少は、汗腺とも関係があるのです。

そもそもホルモンというのは、汗腺に関する調整機能があります。

汗の分泌などを制御する効果があるのです。

ところがホルモンの減少に伴い、その調整機能がおかしくなってしまう場合があります。

当然それは、ワキガ発生率を高めてしまう一因になります。

血流変化によるホットフラッシュも一因

また血流が変わってきますと、ホットフラッシュと呼ばれる問題点が生じる事があります。

ホットフラッシュは、いわゆる汗の過剰分泌です。

本来の分泌量が10だとすると、フラッシュ状態の時は30などと変化する事もあります。

それでフラッシュ状態の汗は、脇の下から生じる臭いを強くしてしまう傾向があるのです。

というのもその汗の中には、アンモニアが含有されています。

血流が悪くなってしまいますと、このホットフラッシュという現象が発生しやすくなるのです。

必然的にワキガも生じやすい状態になります。