わきがは遺伝が関係してる?

わきがが遺伝と関係しているかどうかについて結論から言いますと「わきがは遺伝する」と考えることができます。

しかし、病気全体が自分に遺伝で必然的にやってくるような感覚を持つ必要はないでしょう。

基本的にわきがはアポクリン汗腺が大いに関係しています。

難しいないように聞こえるかもしれませんが、そのアポクリン汗腺が多い人にわきがが生じやすいと言われています。つまり遺伝によってもたらされる可能性が高いのは、アポクリン汗腺だということです。

しかし、そのアポクリン汗腺が多いということは必然的にわきがになる可能性も高まります。

そして数だけがわきがの原因になるのではなくて、アポクリン汗腺の大きさもわきがの原因の一つと考えられています。

基本的には、臭いの強い人のアポクリン汗腺の量は多くて、ひとつひとつの幹線の粒の大きいことで知られています。

そして両親から子供へと受け継がれるアポクリン汗腺の量は遺伝的に大体同じと言われています。

なんだかややこしく感じるかもしれませんが、簡単に言うとわきがと遺伝は関係しているということです。

両親がわきがや片方がわきがだとどれ位の確立で遺伝するの?

さて、もしあなたのお父さんとお母さんがわきがだったとしたら、「本当に自分に遺伝するのかな?」と疑問に思われるに違いありません。

例えば、あなたのお父さんとお母さんの両方がわきがだということがわかったとします。

もしくは、既にうすうす自分の両親がワキガであるということに気づいているという方もおられるでしょう。

そのような場合、残念ながらわきがになる可能性は極めて高く、おおよそ80%から90%の確率で遺伝されるといわれています。

「うちの場合は、お父さんだけが(もしくはお母さんだけ)がわきがなんだけど自分は大丈夫なのかな?」と不安に思われている方も多いはずです。

一般的には、両親のうちの片方がわきがの場合、約50%の確率で遺伝すると言われています。

50%から70%の確率という意見を耳にすることもありますので、おおよその数字として考えることができます。

ちょっと微妙なパーセントすぎてどんな反応をしたら良いのかわからないですね。

運が良ければわきがにならない、悪ければ残念ながらわきがになってしまう、ということです。

両親ともがわきがの場合と比べればかなりパーセンテージが下がった気がします。

しかし、両親が両方ともわきがなのであればこのパーセントを聞いて、若干あきらめがつくような気もします。

親がわきがじゃない場合はわきがにならないの?

一般的に、わきがは遺伝以外の要素でなることはほとんどないと言われています。

ですから大体のわきがの症状を持っている人のご両親もわきがである可能性が高いというわけです。

しかし、場合によっては両親二人ともわきがの原因ともいわれているアポクリン汗腺ををたくさん持っているものの、わきがが発祥していない可能性があります。

その場合、お子さんの方からすれば「なんで自分だけわきがなの?」と疑問を抱きやすい状況にいると言えます。

両親も「自分たちにはわきががなかったのになんで子供だけ…」と心配になるかもしれません。

しかし現状は、両親が持っていたアポクリン汗腺が遺伝によって子供にも引き継がれて、子供だけにわきがが発症したことになります。

たまたま親にわきがが発症しなかっただけですので、親自身も自分がわきがの体質だった事に気づいていなかったことになります。

わきがが遺伝したかはいつわかるの?

遺伝によってアポクリン汗腺が自分も多く持っている場合、いつ頃に自分に対してわきがが遺伝したかどうかがわかるのでしょうか?

人によって発症する時期に違いがありますが、基本的には思春期の時期に発症することが多いと言われています。

正直、思春期にさしかかっておられる方達は、この情報を聞いてがっかりされるに違いありません。

思春期といえば一番周りの人の目を気にする時期だからです。

そのような時期にわきがが発症するどうしたら、心配も強くなるでしょう。

特にホルモンのバランスがあまり安定していない時期として知られている、9歳から13歳くらいの時期にかけて発症することが多いともいわれています。

先ほどもアポクリン汗腺の数と大きさがわきがが発症するかどうかを採用していることに言及しましたが、実は、思春期には特に新たなアポクリン汗腺が発生する可能性がとても高いことで知られています。

しかし全ての人が思春期に発生するというわけではありませんので、経過を見る必要もあります。

例えば、わきが体質であったものの思春期をわきがが発症することなく過ごした人たちもおられるはずです。

それも確かに当然のことと言えるのではないでしょうか?もし両親が両方ともわきがだったとしても、80%の人が遺伝する可能性が高いわけですから、残りの20%の人達は体質は同じだとしても、わきが発症することなく生活することができているからです。

しかしそのような人達であったとしても、ある日突然わきがが発症してしまう可能性もあります。

こればっかりは具体的な日付や時期について明確にすることはできませんが、大体の場合は思春期に発症することが多いと考えることができます。

また、アポクリン汗腺が成長し続けるのは、19歳、もしくは20歳になるくらいまでと言われています。

そう考えると、やはり若い時期にわきがの発症する可能性が高いと言えるのではないでしょうか?

さらに、自分の親がわきがであった事を既に知っておられるのであれば、親に直接尋ねることもできるでしょう。

何歳ぐらいの時にわきがが発症したことが分かったのか聞いてみましょう。

全く同じような時期に自分もわきがが発症するとは限りませんが、心の準備をしておくことができます。

遺伝以外にわきがになる場合はあるの?

やはり基本的には遺伝以外の理由でわきがになる可能性はほとんどないと言われています。

しかし遺伝である事実に変わりはありませんが、自分のおじいちゃんやお婆ちゃんが以前わきがだったという可能性があります。

その場合だと、実際に自分のおじいちゃんとおばあちゃんと生活しない限り、わきがだったのかどうか知ることはできないでしょう。

そして、自分のお父さんお母さんの世代になったとしても、わきがを発症しなかったものの自分だけには遺伝として引き継がれた体質によってわきがが発症してしまう可能性があるのです。

またごく稀な例として、家族みんな遺伝的にわきが体質だったものの、ホルモンのバランスが崩れることによって自分自身に初めてわきが発症してしまう可能性もあります。

遺伝要素が強いとはいえ、遺伝によってもたらされた体質からわきがが発症するかどうかは人によって違うため、自分にわきがが発症するかどうかを知りたくても非常に判断が難しいです。

また、「自分の知っている範囲では家族の誰もわきがは発症していない」と思い、自分のわきがは遺伝ではないと考えている人たちも多くいます。

しかし、家族みんなわきがの症状が現れていなかったとしても、遺伝要素が非常に高いと言うことができます。

なぜなら、体質によっては汗をかきにくい人もいるからです。

偶然自分の周りの家族みんながそのような体質だっただけで、自分の場合は違うという可能性もあります。

やはり、基本的にはわきがは遺伝によってもたらされると考えることができます。