30歳会社員女性です。

私が25歳の頃、当時付き合っていた彼氏にわきがが原因で振られてしまった経験があります。

高校生の頃から、自分がわきが体質な事は知っていました。

デオドラント商品をいくつも試し、母に協力してもらいながら、日常生活ではバレないくらいのケアができていました。

そんな中、交際する男性ができました。彼は28歳で私よりも3歳年上の男性でした。

私はもともと、少しだけ潔癖気味なところがあり、紙幣や手すり、受話器などを触るのが苦手でした。

彼もまた、きれい好きで、男性なのにいつもウェットティッシュやハンカチを持ち歩いている几帳面な性格でした。

私も彼も、お互いきれい好きな所に魅力を感じ交際がスタートしました。

彼とのデート

それまで私は、走ったり緊張したりと汗をかくような行動をしないように極力努力しました。

その当時は夏でしたので、待ち合わせ時間にも余裕を持って出発し、走ったり早足にならないように、ゆっくりと歩くようにしました。

デートも涼しいカフェや、ショッピングなどを選択し、自分の一挙一動が、わきががバレないように注意した生活であったと思います。

ついにわきががバレてしまった

交際して1か月ほどたったある日、ついにお泊りデートの提案がありました。

お互い実家暮らしでしたので、それまでは週末の日中外で会って夜には帰宅するというデートを繰り返していました。

温泉に行こうというので、ついにその日が来たのかとワクワクしながらOKしました。

情事を行っている最中に、彼が「具合が悪いから今日はしないでおく」と言い、やめてしまいました。

彼はすぐにトイレに行き、長い時間手を洗っていました。

時々、吐きそうで吐けない、えずく声が聞こえてきました。

私はワキのケアを集中的に行っていましたが、スソワキガの事まで考えが及んでいませんでした。

恥ずかしくて、申し訳ない気持ちと、悲しい気持ちと複雑で、泣いてしまいました。

別れを告げられる

温泉旅行の1週間後のデートの時に、別れようと言われました。

「理由は他に好きな人ができた」とのこと。

しかし、旅行の前まではラブラブだったので、理由は明らかにわきがが原因です。

しかし、カップルにとって身体の関係は重要な事なので、別れを受け入れました。

その後の対策と現在の悩み

それから、すそわきがについて勉強をして、対策のクリームを購入しました。

少々高いですが、ワキとすそと、ダブルで対策をしているおかげで、その後できた彼氏から、わきがについて指摘を受けたことはありません。

しかし、突然、夜のお誘いを受けた日など、臭いのケアができていないことがたまにあります。

わきがで振られた悲しい経験から、ケアしていない日は拒否してしまいます。

今度はそれが原因で振られやしないかと、今ではそれが悩みです。