脇のムダ毛処理をしているとやっぱりわきがも気になりますよね。

特にちょっとした毛なら毛抜きでプツッと。

肌荒れや埋没毛も心配ですが,わきがになるという噂を思い出して後悔したことはありませんか。

そこでわきがと毛抜きの関係を見ていきましょう。

毛抜きをするとわきがになるって本当?

結論からいうとそれは誤解です。わきがの根本の原因は体質です。

人間は汗を掻きます。

汗は汗腺から分泌されます。

この汗腺には2種類あり,ひとつがアポクリン汗腺,もうひとつがエクリン汗腺です。

アポクリン汗腺から分泌される汗は無臭ですが,皮脂やタンパク質などを含みます。

皮膚の表面には常在菌がいて,この汗を分解します。

この時に嫌な臭いが発生してしまうのです。

エクリン汗腺から出る汗は,水と塩分だけで出来ています。

やはりこちらも無臭です。しかし,皮膚から蒸発するときにアポクリン汗腺から出た汗も,常在菌によって分解された物質(臭いのもと)も一緒に拡散してしまいます。

これが,わきがの発生と臭いが広がる仕組みです。

従って汗腺,特にアポクリン汗腺を生まれつき多く持っているかどうかがわきが体質かどうかのキーになります。

毛抜き自体が原因ではないのです。

では,毛抜きとわきがは本当に無関係と言えるのでしょうか。

毛抜きをするとわきがの臭いは悪化するの?

先程,毛抜きはわきがの根本原因ではないと述べました。

しかし,臭いを悪化させる原因にはなりうるのです。

2つの汗腺は毛穴の中に存在しています。毛抜きで毛を無理やり抜くと,毛穴が広がるのはよく知られています。

つまり,より臭いが発散されやすい状態を作り出しているということです。

また,毛根とアポクリン汗腺は近くに位置しています。腋毛を抜くことで,その刺激がアポクリン汗腺に伝わり,発汗を促すのは十分に考えられます。

毛抜きをする事で脇に対するデメリットは?

毛抜きでの処理は大変リーズナブルに行えます。また,抜いた時の感触が快感であるという意見もあるようです。

しかし,デメリットが多いこともしっかり知っておかなくてはなりません。

毛穴が広がる

毛根は毛穴よりも大きいのが普通です。

抜けないようになっているので当たり前ですね。

その毛を引っこ抜くと,小さな穴から無理やり毛根が通り抜けるので,広がってしまいます。

できものが出来る

毛穴が広がると,本来皮膚の下にある敏感な部分が露出します。それが外気に触れるので,雑菌が繁殖してしまいます。

そうするとニキビの原因にもなってしまいます。繰り返しているとニキビではなく,外傷性粉瘤というものができる場合があります。

一見ニキビと似ていますが別物です。完治させるには簡単ではありますが手術が必要になります。

毛穴が詰まる

広がった毛穴に皮脂が詰り,ボツボツとした角栓ができます。こちらもニキビの原因になりえます。

傷,瘡蓋ができる

毛抜きで皮膚を傷つけてしまいます。出血したあとは瘡蓋になります。第一見た目がよくありません。

埋没毛ができる

毛穴が詰まったり瘡蓋で塞がると,中から生えてくるはずの毛が行き先を失います。

そうすると毛先毛穴から正常に出るのではなく,表皮の下を這うように伸びてしまいます。

これが埋没毛です。埋没毛を自己処理しようとすると,やはり皮膚を傷つけ,何度も繰り返す原因になってしまいます。

色素沈着

脇はもともとよく動かして擦れるので,色素沈着をしやすい部位です。

そこに刺激を繰り返し与えると,色が黒ずんでしまいます。

このように,自分で毛抜きを行うとメリットよりもデメリットがはるかに多いのです。

わきが対策には毛抜きと剃るのはどちらが有効?

とはいっても腋毛の処理は諦めたくありません。実際に腋毛は臭いをこもらせるので,処理をすることでわきが対策になるのです。

ではシェーヴィングはどうでしょう。メリットデメリットを見ていきましょう。

まずメリットです。

時短できる

毛抜きは一本一本抜いていくのに対し,シェーヴィングは剃刀を素肌になぞらせるだけです。圧倒的に時間がかかりません。

安い

毛抜きと同様,剃刀が一本あればできます。

皮膚への負担が軽め

剃刀負けということはあり得ますが,毛穴一つ一つに刺激を与え続ける毛抜きよりは負担が少なくて済みます。

現在では女性用の剃刀や低刺激になるようにクリームが付いた剃刀も存在します。

次にデメリットです。

すぐに生えてくる

剃るというのは表面近くでカットするだけなので,早ければ翌日にも生えてきます。

太くなる/濃くなる

正確に言うと間違っています。自然に生える毛は先端に行くにつれて細くなります。

剃ると毛の太い部分を真横に切断するので,その断面が広くなり,太く見えるだけです。

ですが,濃く見えてしまうのは事実です。

剃刀負け

肌の弱い人は金属を当てることで剃刀負けを起こします。

アフターケアなどで軽減できますが,完全になくすのは難しいでしょう。

シェーヴィングのメリットデメリットを列挙してみました。

わきがのみに焦点を絞れば,毛穴そのものへの刺激がない分,シェーヴィングの方が適しているのではないでしょうか。

ただ,肌へのダメージや見た目を考えるとシェーヴィングがベストとは言い難いですね。

毛抜き以外でわきがが軽減するわきの手入れ方法は?

ではそのほかにどんな手段があるのでしょう。

制汗シート・スプレー

制汗シート・スプレーは脇汗を掻くのを抑えます。

デオドラントシート・スプレーは臭いを抑えます。

軽度の人であれば効果的ですが,汗腺が多い人だと間に合わないでしょう。

アジア人は比較的汗腺が少なく,世界的に見てもわきがが少ない人種です。

日本の製品は勿論日本人に合わせているため,強烈な効果を持つものがありません。

一方で白人や黒人は汗腺が多く,ヨーロッパやアメリカでは日本よりもはるかに強力な製品が出回っています。

個人輸入というのも一考です。

除毛クリーム・石鹸

こちらも家庭で安価にできる方法です。毛穴に対して刺激はさほど与えませんし,剃るよりも毛の再生は遅いです。

しかし,薬品の刺激で肌荒れをする可能性があります。また,ぬった後暫くはそっとしておかなくてはならないので,その間何もできません。

冬でもシャワーで過ごす人には辛いでしょう。

エステ脱毛

エステサロンで行う脱毛です。

光を使って行う脱毛が主流なので低刺激です。ケアもプロが行います。

しかし,法律であまり強い効果の脱毛機は使えないので,何回も通う必要があります。

それに毛穴の細胞を完全に壊すわけではないので,いずれ腋毛は再生します。

お金もそれなりにかかりますが,汗腺にはほとんど刺激を与えないので,選択肢の一つには上がります。

エステで行う脱毛でも,ブラジリアンワックスは生えている毛を一気にべりっと剥がす方法です。

毛抜きよりも刺激が強いかもしれません。わきが対策としては避けた方が無難でしょう。

医療レーザー脱毛

美容クリニックで行います。

エステよりはるかに強力なレーザーを使えるので,毛根の細胞から破壊し,正しい意味での永久脱毛ができます。

通院回数も少なくて済みます。

ただし,レーザーを使うので,麻酔をするとは言え痛みを伴います。また刺激も強く,皮膚トラブルを起こす可能性があります。

あるいは却って毛が増えたという話も聞きます。そこは医療機関なので専門の医師がケアに当たりますが,事前によく説明を聞かなくてはなりません。

ポイントは「医療」です。わきがの程度によりますが,保険が適用される場合があります。これは意外と知られていない制度です。

どの方法にもメリットデメリットがありますが,悩むだけでは何も解決にはなりません。

まずは行動をおこしてみてはいかがでしょうか。