今まで、何も臭いに関しては言われてこなかったのに、急に周りの人からワキガの臭いに関して指摘をされるようなことはありませんか?

特に今まで問題なんてなかったのにどうして急にわきがのような臭いのことが出始めたんだろう? 

そういった突然のわきがの疑問などについて今回は紹介します。

わきがは突然なる事はあるの?

わきがに関しては、今まで臭いがなかったはずなのに急に臭いが出るようなことが出てくるというようなことは実際にあります。

今まで突然臭いは何もしなかったわけではありますが、実はそういった人は実際にはワキガになりやすい因子というのはそろっているわけではあります。 

ただ、臭いがしなかったのに突然なるのは理由がありますが、その前にワキガというのはいつぐらいから発症するのか? 

また、ワキガになった後の治療というのは難しいのか? という点から見ていきたいと思います。

わきがは何歳位から発症するの?

わきがに関しては、実は結構早い時期から始まるといわれているようなことが言われています。

いちばんよく言われているのが、中学生になった頃から高校性の間にワキガになってくるというような方が多くなります。

第二成長期といわれる時期でありますが、女性の場合には生理が始まってから2~3年経ったころ、男性ではちょうど思春期が始まる少し前ぐらいから次第に臭いが強くなるようです。

この時期からだんだんと大人の体になっていく段階であり、ちょうど高校生くらいになった時に大人と同じようなアポクリン腺が出来上がります。

もちろん、この時期に臭いが発生しないようなケースもありますが、30代から40代あたりに急に臭いがきつくなるようなケースもあります。

一般的にワキガというのはフェロモンの一種であるとされており、過去にもこのにおいによって異性を引き付けてきたというような研究もあったりします。

この臭いがあるというのは、生殖ができるというようなサインでありますので、それは大人になったということのサインなのです。

わきがになったら治す事は難しいの?

結論から言いますと、わきがを根本的に治すのはかなり難しいといえます。

ワキガは生活習慣といった部分でも確かに変化はあるものですが、本質的には遺伝や体質的な面ものです。

生まれた時にワキガの原因となるアポクリン腺というのは数が決まっていますから、これを普通の方法で解決することはできません。

デオドラントやわきがクリーム、アルコール、わき毛の処理などによって一般的なわきがの症状を和らげることはできても根本的な治療をすることは基本的には不可能です。

わきがをある程度治療するためには、わきがの原因となるアポクリン腺の除去手術をすることをしなければなりません。

手術となりますと、お金もかかりますし、手術や失敗のリスクや傷跡が残るようなケースも存在しますからなかなか判断をするというのは難しいところも多いかもしれません。

また、手術が成功したとしても、完全に臭いを取り除くことができず、症状が緩和するだけですので完全にはにおいは消えません。

ただ、普段のケアというのは毎日やるというのは面倒臭いですし、そういった手間を減らすためにもどうしても治療したい。

というようなことになったら、専門のクリニックによく相談して手術をすることで、根本的に治療をするというのもおすすめできることです。

脇が突然臭くなる考えられる原因は?

ここまで、ワキガに関して書いてきましたが、突然臭くなるのはどういったことが考えられるのでしょうか?

実は突然なる原因としては次のようなことが挙げられます。

食事面の変化について

先に書きましたように、わきがは本来遺伝的なものですので、まず突然変異で臭いが出るようなことはありません。

もともと体質的に持っている人が環境の変化によって臭いが強くなったというようなことが考えられるのです。

どうしてそうなるのだろうか?というようなことを考えた時に見えてくるのはまず食事です。

食事については、脂っこいものやカロリーの多いものを摂取しすぎると起こります。 

肉類や乳製品などといったものを多くとってしまっていると臭いがきつくなりがちです。

脂分はアポクリン腺から出る汗の量を増やすことにつながりますし、もちろんそれはにおいを強める要素になります。

更には、あまりに脂肪分などを取りすぎてしまうと、肥満にお成ってしまいます。

肥満になってくればなってくるほど脂分が多い汗をかきやすくなりますので、食事面はしっかりと管理しないといけません。

その他にもアルコールといったものも摂取すると臭いを強める原因になります。

野菜や果物といったものもしっかりと取るようにしましょう。

仕事面でのストレスや過労が原因となるケース

忙しくなってくる時期や役職になっていきますと、ストレスや過労というのがたまってしまいます。

これらがたまってしまうと交感神経が刺激され続けてしまって、いつも緊張状態になってしまいますので、汗を出す神経を常に刺激してしまいます。 

この時に出される汗というのが、運動をしてかく汗とは種類が違い、皮脂を多く含んだ汗が出やすくなります。

党是ナブラ分が多いものですから、ワキガの臭いを強める原因となります。

緊張するようなケースを減らすことや、ストレスを感じさせないようにするのも臭いを和らげる要因とはなりましょう。

運動不足による原因

運動不足もやはりわきがの臭いを強めます。

エクリン腺から出る汗というのは運動によってより出やすくなるわけではありますが、運動をしないとアポクリン腺から汗が出やすくなることがあります。 

そうなるとやはりわきがの原因となる汗が出やすい状況でありますので臭いが突然きつくなるような傾向が出る原因となります。 

もちろん運動をしないと肥満などにもつながりますので、そのあたりおわきがの臭いにつながってくる部分があるといえるのです。

煙草について

煙草もワキガの臭いになる原因です。含まれている臭い成分自体もが血中に溶け出して、汗とともに排出されることでも体臭を強める原因となります。

また、タバコに含まれるニコチンというのは、体温調節機能を刺激するので汗を出すように体を動かします。

もちろんそのような汗をかくことは、脂分の多い汗も必然的に書きやすくなるわけですので、わきがの臭いを強くするものとなります。

以上のような原因によるわきがの臭いがきつくなるのですが、これらの原因についてのいくつかはおおよそ30歳から40歳くらいの働き盛りの人に多く見られる部分もあります。

仕事が忙しいとどうしてもこれらの要因が重なりやすい部分というのが出てきやすいものです。

前よりも臭いがきつくなってきてしまったな。 というような時には、先述した原因をしっかりと見直してみることもいいでしょう。

また、毎日のデオドラントや入浴、睡眠、生活、食事など、若いときから習慣を付けることができるようにしておけば、わきがの臭い対策等麺だけではなく、その他の健康面にも良いことであります。

色々な手段を駆使してわきがの臭いを防ぐ手立てをしておくといいでしょう。 

突然わきがの臭いがきつくなったのは、あなたの生活習慣が乱れていることが大きいですから、ちょうど生活習慣を見直していくいい機会だと思ってください。