ポリエステルの繊維でワキガの匂いが悪化する原因は?

人によっては、ポリエステルという繊維を採用した衣類を着用しています。

脇の下から生じる悪臭が、それで悪化してしまう事もあるのです。ただでさえワキガの悪臭は強いにもかかわらず、さらに強くなってしまう場合があります。

脂質などは吸収しないポリエステル

ポリエステルという製品には、成分の吸収に関する特長があるのです。

全ての成分を吸収する訳でない点は、注意を要します。

一般的に衣類は、水分などは吸収してくれる性質があります。

肌着を着用していますと、自然と水分吸収を実感できる事も多いです。

また肌着によっては、脂質などを吸収してくれる事もあります。

最近のポリエステルという製品は、一応は水分を吸収してくれる働きがあるのです。

しかしそれ以外の成分は、吸収されません。

つまり脂質などの成分は、ポリエステルの表面に残留してしまう訳です。

ポリエステルにある有機物が原因で悪臭が強くなる

悪臭の度合いは、有機物と大きな関係があります。

そもそもワキガという症状は、基本的には雑菌類と大きな関連性があるのです。

雑菌類は、皮膚の表面にある物を捕食しているのです。皮膚の表面には有機物なども多く存在しますが、それを補食する事で、雑菌類の数も増える事になります。

もちろん菌の生息数が多くなれば、それだけ悪臭の程度も強くなってしまう訳です。

それで上述の脂質などの成分は、いわゆる有機物に該当します。

その成分は、ポリエステルでできた衣類の表面部分に残留してしまう訳です。

もちろん、それは雑菌類の繁殖を招いてしまいます。

最終的には、悪臭の程度も強くなるというメカニズムがあるのです。

要するにポリエステルは、他の綿などの繊維と違って、有機物などを吸収する性能はあまり優れていない訳です。

ですから悪臭の程度も、やや強くなってしまう傾向があります。

ポリエステル衣類を着る時のワキガ臭を抑える方法は?

ワキガの悪臭を強くしたくない時には、ポリエステルが採用されている衣類を着用しないのが無難です。

しかし何かの事情があって、どうしてもポリエステル素材の着用が求められる事もあります。

それで悪臭を抑える為には、パッドなどは有効な手段になります。

ポリエステルに有機物が付くのは防ぐべき

上述の通り、ポリエステルに対して有機物が付着するのが、ワキガの悪臭を強くする一因なのです。

それを考慮しますと、できるだけそのポリエステルという素材に対して、有機物を付着させない工夫が求められます。

つまりその素材に対して、脂質やタンパク質が付着しづらい状態にする必要があります。

汗を吸い取ってくれるパッドで悪臭を抑える

市販の製品の中には、脇の下に装着する物もあります。

いわゆる汗パッドなどは、多くの薬店などでも販売されているのです。

パッドの良い点は、やはり汗などを吸収してくれる性能です。

いわゆる絆創膏のような形状になっていて、脇の下にそれを貼り付けておきますと、汗が吸収される訳です。

それで汗パッドの周辺では、基本的には雑菌類なども繁殖しづらい環境になる傾向があります。

独自のコーティングなども施されいますから、雑菌類が増えづらくなる訳です。

それは、悪臭の程度を抑える効果が期待できます。

ノースリーブの時はどうすれば良いか

ちなみにポリエステルの衣類の中には、いわゆるノースリーブのタイプもあります。

それを着用していると、汗パッドを装着しづらい事も多いです。

見た目が気になるからです。

もしもノースリーブのポリエステル衣類なら、やはり細かく汗を拭き取る必要があります。

それに加えて、衣類向けの消臭スプレーを使用しておけば、ある程度は悪臭の程度も抑えられる事も多いです。

わきが臭のついたポリエステル衣類は洗濯で臭いは落ちるの?

ワキガの臭いは、ポリエステル製に付着してしまう事はあります。

その悪臭が気になる時には、色々と工夫をすれば、除去する事自体は可能です。

水の温度は若干高めにすると良い

例えば、水でなくお湯を使うのは有効です。

というのもポリエステルに付着している悪臭の原因物質は、主に皮脂になります。

それを除去してあげると、悪臭の程度もある程度抑えられる訳です。

それで水ですと、どうしても皮脂などは除去しづらい傾向があります。

むしろ40度程度のお湯で洗浄する方が、その脂分も取り除きやすいのです。

漂白剤を使ってあげると良い

また漂白剤なども、それなりに有効だと見込めます。

衣類に対する洗剤と言っても、色々な種類があるのです。

いわゆる漂白剤なども、その1つに該当します。

漂白剤は、数ある洗剤の中でも、臭いを除去してくれる程度は比較的強いのです。

ワキガの悪臭も例外ではありません。

ですから洗濯する際に漂白剤を使用してあげると、悪臭の程度も軽減されやすい傾向はあります。

重曹を使って中和させると良い

また一部の方々は、洗濯時に重曹を使用しています。

そもそもポリエステル製に付着した皮脂は、中和する事も可能なのです。

皮脂などは、たいていphは酸性寄りになっています。

それに対して重曹などは、いわゆるアルカリ性に該当しますので、皮脂などを中和してくれる効果も期待できるのです。

最終的に雑菌類が繁殖しづらくなり、悪臭の程度も抑えられると見込まれる訳です。