あれ、わきがかなと思った瞬間

自分は32歳の会社員で、体毛はそれほど濃い方ではなく、脇の毛も普通ぐらいだったので、特別わきがについて心配したり考えたりしたことはあまりありませんでした。

しかし20代前半頃、夏場一日だけ風呂に入らなかった翌日に右の脇だけかなりの異臭がした時がありました。

酸っぱい臭いと喉の奥が気持ち悪くなるような臭いで、すぐにわきがだな気付きました。

自分がそんな風になるとは全く思っていなかったので、結構ショックだったのを覚えています。

とりあえずすぐにシャワーを浴びて念入りに脇を洗いました。

しっかりと洗って汗をかかなければ、ほとんど気付かないくらいには治まりました。

弟たちに聞いてみると、同じように右の脇だけわきがだと言っていたので、遺伝性のものだと思います。

自分だけがそうなっているんじゃないと分かってちょっとほっとしました。

わきがになった弊害

基本的にはしっかりと脇を洗い、汗をかいたままにしないようにしていればそれほど臭いがきつくなることはないので、特に病院に通ったり、薬を使ったりはしていませんでした。

ただ、衣類や布団・枕などにわきがの臭いが付いてしまい使えなくなってしまうことがよくあり、これが一番嫌でした。

夏場などはどうしても汗をかきやすく、だめにしてしまうモノが多かったです。

洗濯して落ちることもあるのですが、布団などは臭いがかなり染みついてしまって交換せざるを得ませんでした。

結構な出費になったので財布にはきつかったです。

また、女性に対して腕枕ができないのが一番の悩みです。

汗をかいた右腕で腕枕をしたら100%嫌われます。

自分は軽めな方だとは思うのですが、それでも臭いをしっかり嗅ぐとかなり気持ち悪くなるし、本当に嫌な気持ちになります。

だから腕枕なんて絶対に出来ないし、たまに脇の臭いが好きという女の人がいて嗅がせてほしいという人がいるのですが、絶対に嫌です。

何があっても嗅がせたくありません。

今後の生活について

自分は症状は軽い方で、病院に通ったり薬を使ったりはしていないので多少の弊害はありますが、日常にそれほど問題はなく過ごせています。

症状が重い方たちはもっと深刻な悩みがあって、こんなに軽く考えられないかもしれませんが、もし比較的症状が軽い人でしたらわきがクリームを使えばそんなに気にしないで過ごせると思います。