私は小中高と学生時代バスケットボール部に入っていました。

もともと体を動かすことも好きだったこともあり、朝から晩まで懸命に練習に励んでいたものです。

そんな中、たしか中学生の14歳頃だったと思いますが思春期真っ只中だった私は練習のユニフォームにも気を使うようになり、動きやすさなどはもちろんオシャレでデザインのよいものも積極的に取り入れていました。

その部活では練習着は洗濯で足りなくなることも考慮して体操着以外に各自用意してもいいということだったのですが、黒や派手なデザインは禁止されていたので、白地にワンポイントプリントされているようなものを使用することが多かったです。

そうやって練習に励んでいたある日、白いはずのシャツが黄色く変色しているのに気が付きました。

もちろん洗濯済みのものです。

この時初めてわきがというものを知り、自分がそうかもしれないと思うようになりました。

思春期だったこともありすごく嫌だったので、色々調べてみましたが特別食生活は偏りもないですし、もちろんお酒やタバコなどもしていなかったのできっと遺伝的なものなんだと思いました。

ただその頃は練習後はすぐ家に帰ってお風呂に入るという感じだったので、黄色くなったシャツは使わないくらいであまり意識はしていませんでした。

本当に困ったのは高校に入ってからのことです。

私の通っていた高校のバスケ部では朝、昼、夕と3回練習がありました。

もちろんきつかったですが、それもがんばってこなしてはいました。

朝と夕には練習後の時間にも余裕があり、練習が終わったら備え付けのシャワーで汗を流すことができたのですが、昼練後はすぐ授業があるためシャワーを浴びる時間がなかったのです。

昼練後、1,2時間すると自分でもはっきりわかるくらい嫌な臭いがしてきてすごく困っていました。

授業中ですしどこかへ移動することもできませんでした。

自分が臭いと感じるだけならまだしも近くの席の友達とかが嫌な思いをしてるのが本当に嫌でした。

消臭スプレーなどをしても一時的にしか効果はありませんでした。

あまり積極的に相談できる内容でもないので自分で調べて薬ワキガ用の塗るクリームを使ってみることにしました。

するとこれがとても効果があり、それ以来汗をかくような場面ではずっとお世話になっています。

汗をふいてスプレー(アルコール分の入っている消毒効果もあるようなもの)をした後に塗っておけばだいぶ臭いも緩和されているように感じました。

当時は学生だったので高価なものは買えませんでしたが、安価(たしか1000円ちょっとで買えるくらいのものです)でもかなり効果がありました。

現在35ですが今でも週に1度仲間で集まってバスケットボールをしていますが、自分でわきがだと自覚して相応の対処をしているので特別悩んだりすることもなくなりました。

やはりワキガ用クリームは必ず持ち歩くようにしています。