自分では臭いと思っていませんでした。

私は小学校の低学年のときから偏食になり、だんだんと太り始め、高学年の頃には90Kg近くにまでなってしまった経験があります。

当時は冬でも汗をかくような汗っかきだったのですが、汗自体の匂いは臭くなく気にしていませんでした。

ところが中学に入学してからは人間関係や勉強のストレスで食生活が小学校の頃に比べてより荒れるようになっていて、後々これが匂いの原因になるとは思いもしませんでした。

そして、中学2年のある日、体育の授業前に片思いの人が私の近くを通った際に、小さい声で「今の人なんか臭くない?」と友達に話していたのが聞こえ、授業前なのにそんなことを言われてしまってショックを受けると同時に、この頃から自分の体臭を異常に気にするようになりました。

この時点ではまだ自分がわきがだということに気づいていませんでした。

思春期の苦しみの解決まで

匂いは気にしながらもなぜか自分では臭い感じがせず、原因が分からず困っていたのですが、ある日、嫌いな授業で机に伏して居眠りをしていたときに服の中から酸っぱい匂いがしてきてそこで初めて脇が臭いと気づきました。

当時は14歳という思春期真っ只中だったので周りにわきがの相談をすることも出来ず、とても悩みました。

自分なりにネットを調べ、制汗剤やわきがに効く塗り薬を試してみたり、汗脇パッドを使用してみたり、わきがにいいという脇の洗い方をしてみたりしたのですが匂いが収まることはなく、最終的にはストレスによる新陳代謝の悪化ではないかと考え、病院にかかろうとしていました。

しかし、その後は結局、病院へは行かず制汗剤でごまかしながら学生時代を過ごしたのですが、就職活動が始まり面接などの精神的に疲れる状況が増えるにつれてより匂いが強くなり始めました。

緊張したときに脇のにおいがきつくなったりするので、就職後も打ち合わせなどの相手がいる状況の仕事では匂いが気になったり、相手に臭いと思われているのではないかと思い、集中出来ないときもありました。

夏の時期はさらさらとした汗をかき、多少は匂いが収まるのですが、冬の時期は暖房の効いた室内にいると少し粘り気のあるような汗をかき、匂いがきつくなっていたので冬場の仕事中は自分の匂いに特に敏感でした。

また、女性を前にしてもかなり緊張してしまい匂いがきつくなってしまうのでデートに誘うことが出来ず、自信をなくしてしまっているのでどうにか改善出来るように努力を続けていきたいと思いました。