わきがに悩まされている方は様々なわきが対策を行っているのですが、その中の一つにお酢を使って対策すると言う物があり、元々殺菌作用などが期待できるお酢であればわきがの対策も可能ではあります。

しかし、ただ単にお酢を使えば良いというものではなく、キチンとしたやり方を把握すると共に、注意点をしっかりと頭に入れておく事がお酢でわきが対策する際の重要なポイントです。

酢を飲むとわきが対策に効果的なの?

まず、お酢を使ったわきが対策として最初に挙げられるものはお酢を飲む事になりますが、そもそもわきがの原因になっているのはアポクリン汗腺から排出された汗になっていて、脂質やタンパク質が含まれた汗を皮膚の雑菌が分解する際にわきがの臭いが発生するので、この汗に不純物が多ければ多いほどわきがの臭いはキツくなると言えます。

そして、お酢の主成分であるクエン酸はエネルギーの代謝を司っていて、このクエン酸がエネルギーを作る際には乳酸が発生する事がなく、非常に効率的ですし汗に不純物が混ざりにくくなるというメリットもあるので、汗がサラサラになりやすく肌の上にとどまりにくいのでわきがが軽減されるようになりますし、全身の汗の臭いにも効果的なので体臭予防としても効果的です。

なお、お酢を飲んでわきが対策する場合には毎日飲む事が重要になっていて、1日に大さじ1杯程度の摂取すれば十分とされていますので、毎日の食事に混ぜたりすれば摂取しやすいですし、梅干しや柑橘系のフルーツにもクエン酸は多く含まれている事から合わせて食べれば一層効果的とされています。

お風呂に酢を入れて入るとワキガ臭はおさまるの?

次に、お風呂にお酢を入れたお酢風呂もわきが対策には効果的と言われていて、そもそもわきがの方はキチンと湯船に使った方が良いと言われ、汗をかきたくないからといってシャワーなどで済ませてしまうのは逆効果になるとされています。

その理由になるのは汗腺に詰まったままの汗は古くなると臭いを発生させる事で、湯船につかって汗をかき古くなった汗を汗腺から排出してしまった方がわきが対策になると言え、その時にお酢の力を利用する事で更なる効果を得ることが可能です。

この時のポイントになるのもお酢のクエン酸になっていて、クエン酸は殺菌作用に加えて肌を酸性に保つ効果があるとされていますので、雑菌の数を減らすと共に繫殖を抑えることができ、結果的にわきがが軽減できるとされています。

ただし、この場合はお酢の量を調節する事が大事なポイントで、お湯に対して多すぎると浴室がお酢臭くなってしまいますし少なすぎた場合にはあまり効果が得られないことから、大体コップ一杯程度の量から始めて自分の状態に合わせて増減させる事が良いです。

また、お酢風呂は個人差がありますがそこまで劇的な効果が期待できるわけではなく、お酢を飲む方法と合わせて行う事が大切なので、メインの対策としてではなくサブ的な方法として併用する事がオススメされています。

なお、入浴後はキチンとシャワーで洗い流さないと体や髪の毛がお酢臭くなってしまう可能性が高いので、浴室から出た後には自分で腕や髪の毛を嗅いでみて確かめる事がポイントです。

酢を脇に塗るとワキガ臭はおさまるの?

お酢を飲んだりお風呂に入れたりする方法の他に、お酢を直接脇に塗ってしまうというのもお酢を使ったわきが対策になっているのですが、こちらの方法は上記のようにクエン酸の力でわきが対策にはなるもののやや危険性が高いと言われています。

というのも、お酢自体は肌について時間が経つとベタつきが出てきてしまいますので、何かと動かす事の多い脇に塗ってしまうとベタつきに不快感を覚える事がありますし、肌の弱い方なら塗った場所がかぶれてしまう可能性も高いです。

また、女性の場合は脇パッドなどで対応する事もできるのですが、男性の場合はお酢を塗った事が原因でシャツの脇などにシミができてしまう事もあり、基本的に直接脇にお酢を塗る事はデメリットもあるとされています。

さらに脇からお酢の臭いがしてくる可能性も十分に考えられ、わきがの対策をしているつもりが逆に気になってしまったり、お酢のツンとした刺激臭は周囲の方への予想外の迷惑です。

なので、この脇にお酢を塗るという方法を使う場合には注意が必要になっていて、基本的にお酢を手に取って直接塗るという方法は避けた方が良く、コットンなどに染み込ませてそのコットンを脇に張り付けるというのがオススメされています。

なお、この時にもう一つの注意点になっているが絶対にお酢を原液のまま使わない事になっていて、必ず水で薄めてから使うことがポイントになり、この時のお酢の濃度は人それぞれで違ってくるのですが、原液のままだと上記のような問題点が変わらずに発生しますので、最低でも10倍程度には薄めてから使うことが大事なポイントです。