耳垢が湿っている状態だとわきがの可能性があるの?

みなさんは自分の体臭が気になったことはありませんか?体臭の原因のひとつと言われるのが、「腋臭症」です。

腋臭症は、通称「わきが」と呼ばれています。

もしかすると、わきがの方が親しみがある方が多いかもしれません。

わきがは、汗が原因で強い体臭を発する体質で、その原因はアポクリン腺からの過剰な汗の分泌と言われています。

しかし、このわきがが少数派であるのは日本を含む東アジアが中心であるという特徴があります。

では、海外ではどうなのでしょうか。

実は日本のわきがの割合は10%ほどと言われていおり、欧米においてはなんと80%もの人がわきがであると言われています。

実は欧米においては体臭が強い方が多いので、わきがという概念自体が存在しないのです。

しかしながら、欧米人は自分の体臭に気づいているからこそ、自分でしっかりケアを行っています。

デオドラントみ日常の習慣として根付いていて、体臭がないことではなく、しっかり体臭をケアしていることを重んじています。

それだけではなく、体臭のケアを学校で教育されることもあるそうです。

子ども用のデオドラントが存在することからも、その体臭への対処の文化の強さがうかがえます。

わきがかどうかを判別するための方法として、耳垢を見る方法があります。耳垢が湿っているかたの多くはわきがであると言われています。

それには理由があります。わきがの方はアポクリン腺が発達しており、その活動も活発です。

そのために、耳の中でも活発に活動し、結果として耳垢を湿らせているというわけです。

特に耳の中でも、外耳道にアポクリン腺が存在しており、わきがの方の耳垢を湿らせているのです。

耳垢が湿っている場合のわきがの確立は?

では、耳垢が湿っている方で、どれくらいの方が実際にわきがなのでしょうか。

あるクリニックでは、耳垢が湿っている方の9割以上がわきがであったと公表しています。しかしその一方で、耳垢が乾いていればわきがではないかというと、そうでもないようです。

このクリニックでは、耳垢がぱさぱさに乾いている方でも実際に手術してみると、アポクリン腺が発達している、わきがであった方がいたと話しています。

以上のことからも、耳垢が湿っている方は、ほぼわきがであると言えます。しかし、気を付けていただきたいのが、わきがの程度までは分からないということです。

耳垢が湿っている方でわきがであったとしても、そのわきがの程度が軽く、周りも自分も気づかないということもあるようです。そのことを考えれば、自分の体臭に困りがないわきがの方もいるということになります。なので、耳垢が湿っているからと言って、体臭が強いというわけではないようです。

わきがであるかどうかは重大な関心ごとかもしれません。しかし、わきがであるかどうかを気にしすぎるあまり、自分の体臭に気を配ることを忘れてはいけません。

わきがの悩みはわきがであることではなく、わきがによって出てしまう体臭にあるのです。

そのため、その体臭が気になってしまうときは、ケアの方法を検討してみるのもいいかもしれません。また、専門医のもとに相談できるとなおよいでしょう。

自分の悩みを相談できる専門家の存在は、とても心強いです。

わきがの人の耳垢はどれ位湿っているの?

わきがの人の耳垢はどれぐらい湿っているのでしょうか。実は、その湿り具合は人によってまちまちです。

わきがでない人も、運動などをして汗をかいた直後や、お風呂に入った後、プールに入った後などに耳かきをすると、ある程度耳垢が湿っていると思います。

しかし、わきがの方の耳垢の特徴は、そういった運動の直後や水に入った後以外の通常時であっても、湿っているということなのです。

その湿り方の特徴としては、綿棒で耳掃除をするとよくわかります。耳に綿棒を入れて出したときに、綿棒の先に乾いた耳垢でなく、耳垢の色だけついて湿っているような場合や、耳垢が液状についていることがあります。この状況が短期ではなく、長期的に続く場合は、わきがの可能性は高いと言えるでしょう。

また、そのような人の特徴として、汗をかきやすい体質であることや、着ている服の脇の部分が黄ばんだり黒ずんでしまうことがあります。

この場合は、よりわきがの可能性が高いと言えます。なぜこのようなことが起こるかと言うと、わきがの方がよく汗を分泌するアポクリン腺から出る成分が化学反応を起こしていることと、汗をかきやすいために、脇に洗い残した皮脂が残ってしまい、それが汚れとして付着してしまうという2つの理由が挙げられます。この2つの原因は、体臭の原因にもなっているのです。

アポクリン腺からの汗は、粘度が高く、脂質やアンモニアなどを含んでいます。

そのアンモニアのにおいが、主な原因になっていますが、その他にも分泌される脂質によって皮膚常在菌が活発に活動し、アポクリン腺から出た汗を発行させるのです。

しかし、その一方でこの皮膚常在菌は、皮膚病から守るというメリットを持っており、一概に死滅させればよいというものではないようです。

これらのことからも、体臭をケアするための方法として、汗をかかないようにすることと、脂質を残さないように体を丁寧に洗うことが挙げられます。

耳垢でわきがをチェックする時の注意点は?

耳垢でわきがをチェックする際の注意点はいくつかあります。

ひとつは、耳垢を気にするあまり、耳掃除をしすぎてしまわないように気をつけることです。

耳垢は耳糞ともいわれ「汚いもの」であり「取り除いた方がいいもの」というイメージがあると思います。

しかし、耳垢には鼓膜を汚れやほこりから守り、抗菌するとうい役割があるのです。

そして、耳垢は本来耳掃除をしなくても勝手に体外に排出されるため、過剰な耳掃除は必要ないのです。

では、耳掃除を過剰にするとどうなるのでしょうか。

先述した通り、耳垢には鼓膜を守り抗菌する役割をもっていますが、それを自ら排出することで、耳にダメージを与えやすい状況になってしまします。

外耳にたまった細菌が耳の中に広がる恐れもあるのです。それだけではありません。

実は、耳掃除を行うことで、体外に排出されそうな耳垢をかえって耳の奥へ押し込んでしまい外耳道を閉ざしてしまう可能性があります。

そうすると、聴力を失う可能性がある。

では、耳掃除の頻度はどれぐらいがちょうどいいのでしょうか。

医師によれば、1~2週に1回ほどのペースがちょうどいいとのことです。

しかし、気持ちいいからといって、ついつい時間をかけて耳掃除をしてしまうと、耳の中を傷つけたり、耳垢を押し込んでしまう原因になるので、注意が必要です。

もう一つは、耳垢が湿っているからと言って、体臭が強いというわけではないということです。

耳垢が湿っていると、わきがである可能性は非常に高いです。

しかし、わきがだからと言って、全員が体臭が強いというわけではないのです。

先述したように、耳垢が湿っているだけで、体臭があまり強くなく、周りも自分も気にならないということも少なくありません。

なので、わきがかどうかのチェックに重きを置くよりも、その症状を注視する必要があると言えます。

そのために、耳垢が湿っており、体臭などの原因で困っているという場合は、体臭のケアを検討したり、専門医に相談してみることをお勧めします。