わきがにエタノールは効果的なの?

わきがに対しては、エタノールは有効です。

エタノールは、雑菌類を減少してくれるからです。

ただし効果を発揮するかどうかは、濃度に左右される一面があります。

雑菌類がワキガの悪臭を引き起こす

脇の下から悪臭が生じてしまう原因は、決して汗ではありません。

確かに汗は間接的に関わってきますが、それよりも雑菌類が悪臭を引き起こしてしまう訳です。

体の周辺には、様々な菌類が飛び交っています。

その中には悪玉菌もありますが、残念ながら悪臭を発してしまう性質があります。

菌類の体表面から、常に悪臭が発せられている訳です。

洗濯物を部屋で乾燥させますと、自然と悪臭が生じてしまう事もあるでしょう。

それは洗濯物の周辺に、多くの悪玉菌が生じてしまうからです。いわゆる生乾きの悪臭は、たいていは悪玉菌が原因なのです。

それで脇の下から生じる悪臭も、その悪玉菌が主な原因になります。

もちろん脇の下からは、常に汗が放出されているのです。

そして悪玉菌は、汗が多い箇所で増加しやすい性質があります。

ですから脇の下周辺では、多くの悪玉菌が発生してしまう訳です。

いわゆるワキガの臭いは、この悪玉菌が原因です。決して汗自体に悪臭がある訳ではありません。

脇の下の悪臭を抑える効果はあるエタノール

エタノールは、しばしば消毒目的で活用されています。

医療機関などでは、アルコールを使用している事も多々あります。

患者が雑菌類に感染すると困りますから、アルコールで消毒をする訳です。

このため脇の下に対して、エタノールを使用してみるのは有効です。

脇の下で生息している悪玉菌の数が、エタノールによって減少する訳ですから、必然的に悪臭の程度も抑えられると見込まれるからです。

濃度は若干薄い方が良い

ただしエタノールが効果的であるか否かは、その濃度に左右される傾向があります。

エタノールが高濃度ならば、効果を発揮する訳でもありません。あまり濃度が高いと、かえって殺菌効果を発揮してくれない事もあるのです。

このため脇の下から生じる悪臭が気になっていて、エタノールで解消したい時には、若干薄める必要があります。

原液の状態で使用するよりは、効果も高まりやすいと見込まれるからです。

エタノールを使ったわきがの対策方法は?

エタノールはワキガに対する効果は期待できますが、適切な使い方もあります。

原液を直接肌に塗るというよりは、むしろガーゼに含ませてあげるのがおすすめです。

アルコールを含ませたガーゼを当てる

その具体的な方法ですが、まずガーゼやコットンを用意します。

そのガーゼに対して、アルコールを含ませてあげれば良いのです。

医療機関などに行きますと、たまにガーゼが肌にタッチされる事もあります。

ひんやりした感覚が生じるガーゼなどが、肌に当てられる事もあるでしょう。

それは殺菌効果があるからです。

それと同じようなガーゼを自分で作ります。

そしてアルコールを含ませたガーゼを、脇の下にタッチしてあげます。

ワキガ対策の方法としては、とてもシンプルなのです。

アルコール添付済みのガーゼも有効

市販のガーゼには、様々な種類があります。

特に何も付けられていないガーゼもあれば、すでにアルコールが添付されたタイプもあるのです。

そのガーゼも、わきが対策としては有効です。

すでにエタノールが含ませられているガーゼは、携帯しておけるメリットがあります。

外出先で、そのガーゼを脇の下にタッチしてあげれば、自然とワキガの臭いも解消できます。

エタノールを使ったわきが対策のメリットは?

ワキガ対策は、様々なやり方があります。

スプレー型の製品などを用いて、ワキガの解消を試みている方々も、決して少なくありません。

その他にもクリームなどで解消する手段もありますが、上述のエタノールはメリットが大きいと評価されている事も多いです。

できるだけ悪玉菌を多く減らせる手段が望ましい

上述の通り、脇の下から悪臭が生じてしまう原因は、該当の箇所周辺にある悪玉菌なのです。

その菌の数が多ければ、どうしても悪臭の程度が強くなってしまいます。

ですからワキガを解消する為には、悪玉菌を減らす必要があるのですが、どの程度減少できるかは手段次第です。

基本的にはパーセンテージが高いのが望ましいです。

例えば方法Aの場合は、脇の下に生息する悪玉菌の数を、大体80%程度減少できるとします。

それに対して方法Bですと、85%といった具合です。

各方法により、減らせられる割合も違う訳です。

もちろん悪玉菌が減少する程度は、多いに越した事はありません。

ですから上述のAとBを比較すれば、Bの方が望ましい訳です。

殺菌効果がとても強いエタノール

それでエタノールは、殺菌効果は比較的強いのです。

脇の下に生息している悪玉菌でしたら、最低でも90%程度は減少できると言われています。

状況によっては、99%近く死滅できるのです。

数あるワキガ対策の中には、悪玉菌の死滅効果があまり大きくない方法もあります。

それでは効果が限定されてしまうでしょう。

その点エタノールは、悪玉菌を多く減らせられるので、悪臭改善の効果も期待できます。それはエタノールのメリットの1つなのです。

速やかに効果を発揮してくれる

それとエタノールには、早さに関わるメリットがあります。

できるだけ速やかに効果を発揮してほしい時には、大いにおすすめなのです。

ワキガ対策の手段によっては、肝心の効果が発揮されるまでに、若干時間を要してしまう事もあります。

対策を施してみたものの、実際に悪臭がなくなるまでには、数時間ほどかかってしまう方法もあるのです。

しかしエタノールの場合は、基本的に速やかに効果が発揮されます。

人によっては、「エタノールを使ったら、直ちに悪臭がなくなった」とコメントしている事もあるのです。

即効性が期待できる点も、エタノールのメリットと言えます。

エタノールを使ったわきが対策のデメリットは?

上述の通り、エタノールによるワキガ対策には様々なメリットはあります。

その反面、持続時間などのデメリットがあるのも事実です。また肌に対する負担なども、注意が必要です。

時間が経過すれば悪臭が再発する

エタノールは、持続時間があまり長い物ではありません。

そこそこ時間が経過しますと、効果が切れてしまうからです。

基本的にエタノールは、だいたい3時間程度は効果が持続します。

逆に、エタノールを使用してから3時間ほど経過すれば、効果が切れてしまう訳です。

それで脇の下周辺の雑菌類は、だいたい4時間くらい経過しますと、また復活してしまう性質があります。

つまり一旦エタノールを使用してから、7時間ほど経過すれば、また悪臭が再発してしまう訳です。

7時間経過したら再度使う必要がある

もちろん一旦再発しても、もう一度エタノールを使用すれば良いのです。

ですから7時間経過したタイミングを見計らって、またエタノールを使えば、臭いを消す事自体は可能です。

しかし1日に何回もエタノールを使用する訳ですから、それなりの手間はあるでしょう。

若干面倒である点は、エタノールのデメリットと言えます。

色が黒くなりやすい脇の下

脇の下という箇所は、デリケートさに大きな特徴があります。

数あるパーツの中でも、比較的繊細な箇所なのです。

現に脇の下は、たまに黒ずみが生じてしまう事もあります。

その箇所に大きな刺激が加わってしまうと、色が黒く変化してしまう事例は、多々ある訳です。

体の他のパーツと違って、色が比較的黒くなりやすいので、ややデリケートな箇所と言えます。

黒ずみが生じやすいデメリット

エタノールは、揮発性という特性があります。

医療機関などでエタノールが肌にタッチされると、ひんやりした感覚が生じる事はあるでしょう。

それは、肌から水分が奪われているからです。

それで肌の状態は、保湿性などに大きく左右される傾向があります。

肌が乾燥した状態ですと、やや調子が微妙になってしまうのです。

つまりエタノールでワキガ対策を行いますと、肌の色合いが黒くなってしまう事もあるのです。

ですからエタノールは、毎日のように使用するのは禁物です。

肌に負担が蓄積してしまい、黒ずみの原因になってしまうからです。

それもエタノールのデメリットと言えます。