季節を問わず気になる脇の臭い

ふとした瞬間に気付く脇の臭い。

わきがを気にしている人は意外と多いのではないでしょうか?夏はもちろん、冬の寒くなる季節でも暖房や満員の電車などで汗ばむことはありますよね。

好きな人と会話しているとき隣の席の人など人と近い距離にいるとき臭いは大丈夫なのか、気になることはあると思います。

このように、何かと気になってしまう脇の臭い…。何か対策はないのか、探している人は多いと思います。

そこで、わきが対策としてオススメしたいのは脇汗パッドです。

夏に脇の汗が服に染みてしまうのを防止するイメージがある脇汗パッドですが、消臭効果のある脇汗パッドも販売されています。

でも、脇汗パッドで本当にわきがの臭いが収まるのか、気になりますよね。

そもそもわきがの原因は何なのか?気になっている人は多いと思います。

わきがの原因の答えはズバリ、脇汁です!脇汁とはアポクリン腺から出る汗のことで普通の汗とは異なっています。

普通の汗は、サラサラとしていて水分を主な成分としています。

しかし、わきがの原因となる脇汁は様々な成分を含んでいることや、雑菌の繁殖などによって臭いが発生してしまうのです。

その臭う汗が服に染みだすことで周囲へ臭いが漏れてしまうというわけなんです!そこで対策として登場するのが脇汗パッドです。

脇汗パットは服へ脇汁が染み出ないように防いでくれるのです。

脇汗パッドの使用方法

わきが対策として脇汗パッドが効果あることはお判りいただけたと思います。

ここまで読んで、よし!脇汗パッドを使ってみよう!と思った人も中にはいるのではないでしょうか?

しかし、わきが対策として脇汗パッドを使用する際には注意点があります。

なぜなら、わきがを発症している人は多汗症も併発している可能性があるのです。

多汗症とは汗の量が異常に多い人のことを言います。

多汗症の人が脇汗パッドを使うと、脇汗パッドが汗を抑えきれず服へ染み出てしまう可能性があるのです。

また、わきがの原因となっている脇汁が脇汗パッドに大量にたまるということは、脇汗パッド自体が臭いのもととなってしまうこともあり得るのです。

こういった事態を防ぐための脇汗パッドの使用法は、数時間おきに脇汗パットを交換し使用することをオススメします。

脇汗パッドが脇汁でいっぱいになってしまう前に交換してしまえば何の問題もありません。

この注意点を守り、脇汗パッドを使用することで、わきがの臭いを気にすることなく日々の生活を送ることが出来るのではないでしょうか!

脇汗パッドの種類と使用方法

脇汗パットを使用しようと思い、買い物をしに行ったり、ネットをみてみたりすると、意外と種類が多く、実際脇汗パッドって種類が沢山あってどのタイプのものを使用すればいいのかな?と思う人も多いと思います。

脇汗パッドは主に素肌に直に貼るシールタイプのものと、服に張り付けるもの、インナーとパッドが一体化しているものなどが主にあります。

素肌に直に貼るタイプのものは動いてもズレないことがメリットです。

このタイプのものはしわにならないように伸ばしながら脇汗パッドを脇に貼るときれいに貼れます。

服に張り付けるタイプのものは激しく動いてしまうとズレてしまう可能性があります。

しかし、肌に直接つけるより肌への負担が少ないです。

使い方は、服にそって脇汗パッドを折り込み、服に付けて使用します。

インナーと脇汗パッドが一緒になっているタイプはそのままインナーとして着用するだけなので便利ですよね。

また、脇汗パッド付インナーは見た目が普通のインナーと変わらないので、脇汗パッドをつけていることが周囲にばれにくいです。

また夏場など、暑い季節だとノースリーブが着たくなる時もありますよね。

ノースリーブだと脇汗パッドをつけているとばれてしまうし、ノースリーブの時に脇汗パッドなんてつけられない!と思うかもしれませんが、ノースリーブ用に透明の脇汗パッドも販売されています。

透明のタイプのものだと薄手の服を着ているときなどにも目立たず、脇汗パッドを使えそうですよね。

また、脇汗パッドには洗濯をして何回も使うことが出来るタイプのものと、使い捨てタイプのものがあります。

わきがの対策として使うなら、こまめに交換できる使い捨てタイプのもののほうが、持ち運びなどを考えると便利そうです。

脇汗パッドのメリットとデメリット

でも、上記のような脇汗パッドのメリットもあれば、デメリットもあるのでは・・・?て思いますよね。

脇汗パッドのメリットとしては上記に書いたようにわきがの対策になります。

また、わきがの原因の脇汁は服に染みると黄ばんでしまうことがあるんです。

脇汗パッドは服を脇汁から守ることもできるんですね。

またわきがの人もそうでない人も汗が服に染みてしまうのを防いでくれます。

服に汗染みがあるのを人に見られるのははずかしいですよね。

脇汗パットで服の汗染みを気にすることなく過ごせるのです。

このように、脇汗パッドのメリットとしてはわきが対策、服の黄ばみ対策、汗地味対策があります。

このようなメリットがある一方でデメリットもあるんです。

脇汗パッドの種類の中に脇に直接貼り付けるタイプのものがあります。

このタイプのものは蒸れてしまって肌が荒れてしまうことがあります。

また、アトピーを持っている人は最悪、痕になってしまうこともあるので注意が必要です。

また、こまめに脇汗パッドを変えるのは面倒だと感じる人も少なからずいると思います。

忙しいときや周りに人がいるときなどは脇汗パッドを変えることは難しいですよね。

そして脇汗パッドを夏場に使用する際、薄手の洋服だと脇汗パッドをつけていると気づかれてしまう場合があります。

こういった場合には注意して使用する必要があります。

このように、脇汗パッドのデメリットとしては、脇の蒸れ、脇の蒸れによる肌荒れ、そして、こまめに変える必要があること、周囲の人へ脇汗パッドをつけているとばれてしまうことがあります。

まとめ

このように、脇汗パッドでわきがは対策できるのか、まとめてきましたが、注意点をまもることによって十分に対策できます。

また、脇汗パッドには様々な種類がありますが、肌が弱い人は素肌に直接貼るタイプのものではなく、服につけるタイプの脇汗パッドのほうが肌トラブルを起こすことなく、脇汗パッドを使用できると思います。

しかし、職場や学校の部活などで激しく動くことがある人は服につけるタイプの脇汗パッドだとズレてしまうので慎重に選ぶ必要がありそうです。

また、わきがの対策として脇汗パッドを使用する場合は、こまめに脇汗パッドを取り換えることをオススメします。

こまめに脇汗パッドを変えることを考えると、洗濯して何回も使えるタイプよりも、使い捨てタイプのほうが、何かと便利であると思います。

でも、インナーと一体化している脇汗パッドは替えのパッドがついているタイプのものもあるみたいなので、インナータイプの脇汗パッドは着るだけでいいし、目立たないしで、このようなタイプのもののほうが合うという人もいると思います。

このように、脇汗パッドには様々な種類があり、種類によってメリットデメリットもあるので、自分に合うものを慎重に選び、使ってみるといいと思います!脇汗パッドでわきがのの臭い予防はできるので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?