ニベアは花王から発売されている化粧品で多くの人に知られている商品だと思います。

青い缶がトレードマークになっているニベアのクリームでありますが、ワキガ対策にも効果があるのではないか?といわれているような話もあります。

本当にニベアクリームについてはワキガの対策には効果があるのでしょうか?その効能についてニベアの成分とともに詳しく見ていきましょう。

ニベアを塗るとわきがに効果はあるの?

結論から言いますと、ニベアはワキガ対策をするような商品ではありませんが、ワキガに全く効果がないとまでは言えません。

わきがの原因の中には、肌が乾燥することによって肌の乾燥から身を守るための汗が多く出るような時には有効だからです。

その理由として、ニベアクリームは保湿目的で作られているからです。

ニベアの成分に関しては、
水・ミネラルオイル・ワセリン・グリセリン・水添ポリイソブテン・シクロメシコン・マイクロクリスタリンワックス・ラノリンアルコール・パラフィン・スクワラン・ホホバオイル・オレイン酸デシル・オクチルドデカドール・ジステアリン酸・Al・ステアリン酸Mg・硫酸Mg・クエン酸・安息香酸Na・香料

といった成分が含まれています。

基本的に保湿のために油成分や保湿能力が高い成分を含んでいますので、肌の乾燥を防いでくれる効果は高いです。

高級化粧品にも似たような成分がありますので保湿成分は結構あるといっていいでしょう。

保湿がされることによって、乾燥が原因となる多量の汗が出にくくなっていますので、細菌のえさとなる成分が出にくくなりますから、臭いを抑えてくれる可能性というのはあります。

また、ニベアには脂分が多く含まれているので、脂分が膜を作ってくれるように肌を包み込みますので、菌の繁殖を抑えてくれる効果もあります。

肌環境を整えることによって、ワキガの繁殖を抑えられる効果はあるというわけです。
 
ただ、そこまで大きな効果があるといえません。 その理由が次の章から書く根拠となります。

ニベアにわきがを抑える成分は入っているの?

結論から言いますと、ニベアクリームにはワキガを抑えるような成分は入っているようなことはありません。

通常のワキガクリームというのは、殺菌をするための成分というのが入っていて、菌を滅菌するような成分があったりしますので、一定時間菌の繁殖を抑えて匂い自体の発生を抑えてくれるものでありますが、ニベアクリームはそういったものはありません。

また、臭いそのものを消臭してくれるような成分も入っておりませんから、臭いは抑えられません。

ニベア自身には、香料が入っていますのでワキガとは違った匂いはしますが、それによって臭いをごまかすのがせいぜいです。

かえって、わきがの臭いとかと混じってしまうとかえって変なにおいが発生するようなことが起こってしまう可能性もありますので、注意が必要な可能性もあります。

ニベア自体の匂いも苦手な人もいるかもしれませんので、利用する人も選ぶかもしれません。

ニベアでワキ汗を抑える事は出来るの?

また、ニベアで脇汗を抑えるようなことはできません。 

ニベアには汗を出さないようにするような成分は入っていませんので、汗がいつも通りでます。

汗が出ることによってクリーム自体の成分も全部流れてしまいますし、汗に特別強いというわけではありませんので、肌に強く残るわけでもありません。

そうなると、クリーム自体の臭いも消えてしまって、ニベアの臭いもなくなってしまいますので臭いをごまかすようなこともできなくなってしまいます。

また脇汗が出ることによって、保湿成分が流れてしまいますから乾燥肌の方にとっては、より汗が出やすいような状況ができてしまいます。

そうなると、肌の乾燥から身を守るために臭いの元となる汗の成分が多く出てきてしまいますので、ワキガの臭いが強化される危険性もあるでしょう。 
 
ニベア自体にははっきり言ってワキガを抑える効果はほとんどありませんので、ワキガ対策という点では期待をして使用しない方がいいでしょう。

もし、ワキガ対策をするのであれば、デオドラントやワキガクリーム、除菌ティッシュなどを使って臭いが少しでも出ないようなものを利用しておくといいでしょう。

わきがの処理をするもので利用をしたいというkとであったとしても、ニベアを利用するときには肌の乾燥によるわきがの悪化を防ぐために補助的に利用するくらいにとどめた方がいいでしょう。

幸い、ニベアは値段がそれほど高い商品ではありませんので、多くの方が手を出しやすいですから肌の乾燥対策とともに利用はしやすいです。

後は、わきがの悪化を防ぐための手段としては、匂いが出るような汗を出さないために肉類などの食べ物を減らして食事環境を整えることや、ストレスをため込まないことによって細菌の栄養成分となる汗の成分や汗自体を多く出さないようにすることなど、生活環境を整えてワキガ対策の近道となるでしょう。