サランラップでわきがのチェックは出来るの?

サランラップは、わきがかどうかを確認する為に活用できます。

なぜならラップは、他の物品と違って臭気を通しづらいからです。

臭気をブロックしてくれる性能が強いサランラップ

調理をしますと、たまに食器などをサランラップで覆う事もあります。

その理由の1つは、臭気などを防ぎたいからです。

例えば調理の際に、ニンニクなどを使用する事もあります。

ニンニクは、もちろん臭気はとても強いです。

そして時には、その食材を用いた料理を、冷蔵庫などに保管する事もあります。

一旦はニンニクを使った料理を作ったものの、直ちに食べる訳でもないので、冷蔵保管する状況もあり得るでしょう。

しかしニンニクの強い臭いが放出されたままですと、冷蔵庫の内部に、悪臭が充満してしまう可能性が大いにあり、他の食材に臭気が移ってしまう可能性もあるのです。

それを防ぐ為に、サランラップなどが活用される事もあります。

幸いにもサランラップは、臭いをブロックしてくれる性能が非常に強いです。

ニンニクの臭いなども例外ではありません。

ニンニク料理が入った容器に、サランラップでカバーをした上で冷蔵保管すれば、臭気が移りづらくなると見込まれるのです。

ラップを使えばワキガか否かは確認可能

ワキガの臭いを確認したい時には、上述のサランラップの性能を有効活用すると良いです。

そのラップを上手く活用し、脇の下にタッチしてみる事により、自分の臭いに問題があるかどうかを確認するやり方があります。

つまり所定の箇所にサランラップをタッチし、しばらく放置する作業を実行してみれば、わきがか否かも確認できる訳です。

サランラップは、ワキガチェックの為に活用できます。

もしも自分がワキガか否かを確認したい時には、サランラップを使用してみると良いでしょう。

サランラップがわきがをチェックするのにいい理由とは?

ワキガであるか否かを確認する為には、ガーゼなどを使用する選択肢もあります。

現に医療機関では、そのガーゼを使用してワキガチェックを行ってくれます。

病院によっては、脱脂綿などを使用する事もあります。

ですが、それよりもサランラップの方がワキガかどうかを確認しやすいのです。理由は無臭だからです。

医療機関がワキガを確認する方法

どうやって医療機関がわきがか否かを確認するかというと、脇の下にタッチするだけです。

具体的には、上述の脱脂綿やガーゼを脇の下にタッチします。いわゆる「当てガーゼ」の状態にしておくのです。

そして、しばらくはガーゼや脱脂綿を放置しておきます。

しばらく時間が経過したら、今度は医療機関の担当者が、そのガーゼの臭気を確認してくれるのです。

それでワキガ独特の臭気が確認された時には、ワキガであると判断される訳です。

一応は、自分でも脱脂綿などを使用してみる選択肢もあります。

気になる箇所にそれをタッチし続けて、臭気を確認してみる事も可能ではあります。

ガーゼ自体の臭いと混ざってしまう問題点

実際にそれを実行すると分かりますが、実際にはわきがかどうかが分かりづらい事も多いです。

というのも、ガーゼ自体に臭いがあるからです。実際ガーゼの近くに鼻を寄せてみますと、よく分かります。

ガーゼや脱脂綿などは、特に無臭という訳でもなく、若干の臭気があるのです。

それで脇の下から発せられる臭気は、ガーゼの臭いとミックスしてしまう事が多々あります。

ワキガであるかどうか分かりづらくなってしまうのです。

サランラップは無臭なのでワキガ確認には向いている

それに対してサランラップの場合は、特に何か独特の臭いはありません。

実際に嗅いでみれば分かりますが、基本的には無臭状態なのです。

サランラップ自体に臭気がなければ、脇の下から放出される臭気と混ざってしまう事もありません。

それだけに、ワキガか否かも確認しやすいのです。

それが理由で、ワキガチェックの為に、よくサランラップが活用されています。

サランラップを使ったわきがのチェック方法は?

サランラップを使用すれば、ワキガか否かは確認可能です。

その具体的なやり方は、次の通りになります。

基本的には、臭気の変化があるかどうかを確認する事になるのです。

ラップを用いた具体的な確認方法

まずはサランラップを、脇の下と同じ位のサイズにカットします。

それで脇の下に対して、そのラップをタッチし続けておくのです。
上記の当てガーゼと同じ状態にします。

この際に、5分間ぐらいは放置しておくのが良いでしょう。1分や2分程度では、少々短すぎます。

また入浴後などに、タッチすべきではありません。外出後など、やや汗が多いタイミングでタッチするのが望ましいです。

それで5分経過したら、脇の下に当てたサランラップを取り外します。

それで、取りあえず臭気を確認してみる訳です。

それで終了ではありません。外したサランラップは、温度は空気中でしばらく放置し続けるのです。

しばらく時間が経過したら、改めてサランラップの臭気を確認してみます。

臭気が変化したか否かを確認する事で、ワキガかどうかが分かるのです。

臭気が変化していれば大抵ワキガ

サランラップを外した直後と、しばらく放置した後に、臭気の変化が生じていたか否かがポイントになります。

もしも放置後に臭気が強くなっていった時には、わきがの確率が非常に高いです。

わきがという症状は、悪玉菌が汗を分解するのが原因だからです。

逆にサランラップを外した直後も、放置後も臭気が変化していなければ、ワキガであるとは考えづらいでしょう。

基本的には、空気中の悪玉菌が反応しているか否かで、ワキガかどうかを確認できる訳です。