私はいま24歳です。

私がワキガだと気付いたのは中学生の時でした。

それまでは同級生に「臭い」と指摘されてはいたもののそれがワキガだという認識はなく、何が臭いのだろうかと不安な気持ちでいっぱいでした。

そんな時に友人が私がワキガであるということを指摘してくれたことをきっかけに自分はワキガなんだということを知りました。

家族も一緒にいるので臭いに慣れてしまって気づけなかったと言っていたくらいだったので他人にしか分からないようでした。

当時ワキガだったことをきっかけにたくさん罵声を浴びせられましたし、臭いといって軽蔑されたり好きな人や仲良くしたい友達がいてもまた臭いと思われているのではないかという不安が最初にでてきてしまったり、もう外にも出たくない気持ちがありました。

私は何が原因でワキガになってしまったのかといろいろなことを考えたのですが、遺伝そして食生活またホルモンバランスなど様々あるそうですが自分ではホルモンバランスに関しては分からないですね。

私が一番生活でダメだったことは食生活だと思います。

それまでは肉中心の食事であまり野菜を好まず食べていませんでした。

こういったことも原因になっていたのではないかなと思いました。

そして遺伝は父からの遺伝です。

父もワキガで悩んでいたということでした。

私がワキガで対策をしたことといえば、まず基本的なエチケットです。

汗をかかないようにしたり汗をかいてしまったときは汗拭きシートときちんと拭きます。

これをするだけでも脇からくる臭いは本当に変わりますし、私はワキガ専用のクリームを使用していました。

毎日使用することでツーンとしていた臭いが無くなったとワキガを指摘していただいた友達から言われました。

また食生活の改善ですね。今までは好き嫌いが多く肉ばかり食べていたのですがきちんと野菜をとることから始めました。

私は生野菜よりもスムージーにすると摂取しやすかったので朝に果物と野菜のスムージーを毎日飲んでいました。

そうすることで食生活もしっかりと改善していきました。

今は多少は臭いが少なくなったとはいえ、やはり普通に生活をしていても人目を気にしてしまうというか臭いが出ているのではないかと気になるところは気になってしまうので常に消臭スプレーや汗をかいていなくても汗ふきシートが欠かせなくなっています。

私は仕事柄人と接するのですがどうしてもこもってしまうと相手に不快な思いをさせているのではないかと思うのでその点は今でも悩みです。