わきがは意外に日本人にも多いと言われます。

わきがは自分でもわかる人もいれば、わからない人もいます。

気づかない人は臭いに気づかずに他人に不快な思いをさせている場合があります。

臭いは鼻にくるようなツーンとした癖があります。

最悪、職場ではスネハラになったりします。

汗をかくとシャツにしみて、それがまた臭いや黄ばみになります。

考えは人それぞれですが、臭いより黄ばみが気になるという人がいます。

しかし、黄ばむからといってわきがというわけではありません。

わきが以外にも黄ばみの原因があります。

ではその違いもふまえてわきがのシミの疑問についてお答えしていきます。

わきがの人はYシャツの脇の部分が黄色くなるの?

わきがの人のシミとそうでない人の汗染みは全く違います。

わきがの人のシャツは脇の部分が黄色くなります。

そうでない人はもう少し薄い色だったりします。

これは本当ですが個人差もあります。

わきがの人によっては黄ばまない人もいます。

わきがの人とそうでない人との違いは汗のシミ方で見分けるといいです。

普通の人の汗は脇以外の全体が汗じみになります。

わきがの人は脇だけしっかり汗じみが出ます。

黄ばみはわきがの人の汗じみによって黄色くなるのですが、ではなぜ黄色くなるのでしょうか。

Yシャツの脇の部分が黄色くなる原因は?

人は汗をかくと脇から分泌物が出ます。

普通の人の汗はエクリン汗腺といわれるもので、わきがの人の汗はアポクリン汗腺と言います。

普通の人でもアポクリン汗腺は出ます。

それは緊張やストレスが出た時に出ます。

でも臭いがしないことがあります。

わきがの人のアポクリン汗腺は濃度が高かったりするため、臭いや黄ばみになってしまうのです。

ではなぜこのような違いが出るのかというと、遺伝や普段の生活によってなってきます。

食生活で野菜より肉中心の人がわきがになりやすいともいわれてます。

運動はしているのか、ストレスはないかでもわきがの原因になってしまうのです。

あとは体質で肌質が皮脂性だったりなど原因は色々です。

アポクリン汗腺は様々な成分を含みます。

その中で黄ばみの原因となる鉄分などが含まれているからです。

エクリン汗腺も別ではありません。

汗をかかない人で代謝が悪くなって脇に鉄分などがしみこんで黄ばみの原因となる場合もあります。

例えば、エアコンのきいている場所にずっといて、汗腺の機能が悪くなります。

そうした後に汗をかくと汗の中に鉄分などが混じって黄色くなってしまうのです。

サラサラした汗とベタベタした汗の違いと同じようで、サラサラした汗は水分と塩分と少量の老廃物です。

鉄分など含まれてません。

ベタベタした汗は鉄分など色々な成分が含まれています。

ベタベタした汗がわきがの汗に近いです。

そしてそのベタベタの汗が黄ばみ成分があるという事です。

つまり、わきがの人の汗は白いワイシャツ以外にも色柄のお洋服にもしみるということです。

Yシャツの脇の部分の黄ばみを防ぐ為の対策方法は?

ワイシャツの脇の黄ばみを防ぐ方法はないわけではないです。

先程話したエクリン汗腺の黄ばみなどの対策には、沢山汗をかくようにすると効果があります。

汗をかくことによって汗腺の機能をよくさせると黄ばみにくくなります。

シャワーだけだとわきがの原因を更に悪化させるでしょう。

やはり代謝と関係があり重要です。

他の方法は、経験されたことのある方はわかるかと思います。

そのままだと汗をかいてワイシャツの脇側につかないように浮かせると思いますが汗が垂れて結局脇に染みてしまいます。

ですので、何かワイシャツの脇の内側に汗を吸い取るものをつけると良いです。

市販の汗ワキパッドがとても便利です。

最近のものはかなり薄型で、ワイシャツの内側につけてても透けても見えにくいです。

しかし、運動する人は中でパッドがぐちゃぐちゃになったりする場合があります。

そんな時はパッドをどんどん交換します。

オフィス内の動きにくい仕事中には最適ですね。

あとはワイシャツの脇にポケットを作り、その中にパッドを入れるとパッドが動きにくいので便利です。

他には洗濯できて、パッドの中にミニアイスノンをいれれるパッドもあります。

夏場は汗をかくので、汗をかきにくくしてわきがの黄ばみも予防できます。

そのパッドは動かないように紐がついていて腕を通して脇に装着します。

しかし、やっぱり激しい運動をすると動いて違うところにあたっていたりします。

まず、ワイシャツで激しい運動はしないと思うので通常の使用には問題ないでしょう。

市販の他には応急処置でワイシャツに合わせた色のフェイスタオルもわきがの黄ばみ予防が出来ます。

縦に細くするように折って端を脇に汗を吸うように装着してタオルを前に通します。

これはワイシャツでばれやすくなってしまいますが汗を吸って臭いを防ぐ事はできます。

しかし、パッド以外に方法があります。

市販の脇汗を止めやすい塗り薬も効果的です。

よくある制汗剤のスプレータイプはわきがには逆効果です。

体質に合わない人だと汗と制汗剤と化学成分がおこり、臭いをさらに強くします。

黄ばみも濃くなる可能性がありますので注意が必要です。

固形タイプの塗り薬かアルコール系のロールオンタイプの物が良いでしょう。

商品にわきが予防と記載してあるものが最適です。

予算と時間もあれば施術という方法もあります。

汗をかきにくくさせてくれるので物は何もいりません。

気になる方は一度相談されに行かれると良いでしょう。

あと、脇汗が目立ちにくいシャツを選ぶのもいいです。

このようにワイシャツにつく黄ばみの予防は様々な方法があります。

Yシャツの脇の部分が黄ばみを落とす効果的な洗濯方法は?

わきがの汗じみは簡単に洗濯で落ちます。

しかし、ひどいわきがの人の汗じみは落ちなかったりします。

1番のおすすめのお洗濯方法は、重曹です。

重曹は優しい生地にも対応できて皮脂汚れも落としてくれます。

2番目におすすめなのは食器を洗う洗剤の成分の中性洗剤で洗う事です。

人間の汗は皮脂油です。

油は酸性の洗剤より中性が落ちます。

食べ物の油も食器についていても落ちていませんか?

それと同様で油をよく落としてくれます。

それで手洗いするだけです。

他には洗顔剤などもいいです。

勿論、手洗いが苦手な人は洗濯洗剤もいいでしょう。

白いワイシャツには塩素系の漂白剤もすぐに汚れが落ちます。

汚れイマイチな時はお湯を使うと落ちやすいでしょう。

熱湯より人肌くらいの温度が適してます。

最初にワイシャツ全体を水で濡らして、お湯と漂白剤を混ぜた物につけます。

物によりますが、30分くらいで白くなります。

あとは泡スプレータイプの塩素の漂白剤だと直接汚れにかけれて落ちやすいです。

臭いも落ちます。

色柄には使えませんので気をつけて下さい。

色柄には色柄用の漂白剤や重曹がいいです。

色柄用の方が生地が傷みにくいので長く使用できますよ。

最初にお伝えした中性洗剤も生地が傷みにくいです。

このようについてしまった黄ばみはお洗濯で落ちます。

黄ばみについて書いていきましたが、原因をしれば対策もできますね。

わきがはただの汗ではなく、油や様々な成分が出ているということ。

黄ばみは代謝を良くすると治せることです。

黄ばみの原因はわきがだけではないので注意して原因を追求していくことです。

また、食生活も野菜など意識しながらバランスよくしっかりととりましょう。