わきがはなかなか自覚できません。

そのため、耐えられない臭いで人間関係までおかしくなったり、悩み過ぎて無駄に辛い思いをしなければなりません。

わきがで悩んでいる人が多いですが、自分で出来るチェック法他、わきがについてご紹介します。

わきがって自覚するのは難しいの?

自分のわきがを気にして悩んでいる女性がいる一方で、まったく気がつかない女性もいます。

職場にわきがの女性がいて、周りの人が迷惑をしていることがよくあります。

その女性の様子を見ていても、本人は全く気がついていないようなので、あれだけ臭うのに本人は気がつかないのかしらと、不思議がられることもあります。

わきがは自分で気がついて自覚することはかなり難しく、周りの人に指摘されたりして自分のわきがを知ります。

ある女性は周りの人に不快な顔をされて悩んで友人に相談したところ、「きっとわきがのせいよ」と言われて、始めて自分のわきがを知りました。

相談された友人のように、たとえわきがで迷惑をしていても、友達さえ言いにくいものです。

わきがを自覚出来ない理由とは?

わきがは自覚するのが難しいと言われていますが、その理由には次のことがあげられます。

わきがが軽い場合

わきがと一口に言っても、わきがの程度にはレベルがあり、臭いの強さが違ってきます。

わきがの程度が軽い場合は、たとえわきがであって鼻で臭いを感じることができにくく臭いが自覚できないことが多いです。

嗅覚がワキガの臭いに慣れてしまう

嗅覚の特徴で、いつもその臭いをかいでいるとその臭い慣れてしまい、感じなくなってしまいます。

そのため、わきがの自分はもちろん、一緒に暮らしている家族のもわきがの臭いに慣れてしまい、家族も気がつかないことがよくあります。

良い香りのはずの香水も、つけているうちに本人の嗅覚が鈍感になり、そのためつい余計につけ過ぎてしまうようになりますが、自分のわきがの臭いにも慣れてしまって、本人はもちろん一緒に暮らしている家族も嗅覚が衰えて臭いを感じなくなってしまいます。

そのため、家族に臭うかどうかを聞いても、自分と同じように臭いに慣れてしまっていることが多いので、家族に聞いて「臭わない」と言われても安心できません。

嗅覚の異常

嗅覚が正常でないため、自覚できない場合もあります。

例えば鼻づまりとか、加齢などで嗅覚が衰えているとわきがの臭いを自覚できなくなります。

わきがを自覚出来る人と出来ない人の違いは?

臭いはいつもかいでいるとその臭いに慣れてしまいますから、自分自身で自分のわきがを自覚できる人はほとんどいないとも言われています。たとえいても、ごく僅かのようです。

自分のわきがを自覚している人の多くは、家族に指摘されてとか、周りの反応でいろいろ考えてからやっと気がついています。

人に言われない限り自覚できない人が多いのですが、中には自分のわきがを自分で気がつく人もいて、わきがを自覚できない人を不思議に思う人もいるそうです。しかし、そういう人は少ないといいます。

従って色々なケースを見ても、わきがを自覚出来る人と出来ない人の違いは、臭いに敏感かどうかにかかっていると言えるようです。

わきがを自覚するための簡単なチェック方法は?

わきがは指摘されることは少なく、また、人に相談しにくいので、自分がわきがかな?と気になったら、次のような方法でチェックしてみてください。

耳垢が湿っている

飴のように湿っている耳垢の人の多くが、程度の違いはあってもわきがになっているという調査結果も報告されています。

汗腺はエクリン腺とアポクリン腺の2つがあり、わきがはアポクリン腺から出た汗を皮膚の常在菌が分解することが原因で起こります。

耳垢が湿るのは、その部位にアポクリン腺が多いということであり、脇にもアポクリン腺が多い可能性が高いので、わきがの可能性も高いです。

脇毛が濃いとか柔らかい

脇毛の濃さややわらかさも、わきがかどうかの判断材料となります。

女性の場合いは脇毛が濃く、男性の場合は猫のように脇毛がフワフワと柔らかい場合はわきがの可能性が高いです。

女性でアポクリン腺が多い人は毛が太かったり、濃かったり、あるいは一つの毛穴から数本脇毛が生えていることもあり、わき毛の生えている状態からもわきがかどうかの判断がつきます。

親がわきが

わきがは親から遺伝するため、親がわきがの場合は子供がわきがになる確率が高くなります。

衣類のわきの部分に色がついている

衣類をチェックして、服に黄色や茶色などのシミがついていれば、わきがの可能性が高いです。

ワキにたくさん汗をかく

アポクリン腺からの汗は、汗腺からの汗とちがい季節やその時の暑さと関係なくかくと言われています。緊張しているときなどにかく汗は、アポクリン腺から出ていることが多いです。

従って、わきにアポクリン腺が多い人は、温度に関係なくわきに汗をかきやすく、わきがになっている可能性がたかいです。

脇毛に白い粉のようなものがつく

制汗剤を使っていないのに脇毛に白い粉がついている場合もわきがということが多いです。

ただ、白い粉が付くというだけでわきがと判断するのはまだ早く、その他に「耳垢が湿っている」とか「白い粉はツンとした臭いがする」とか「制汗剤などは使っていないのに白い粉が付く」というこの3つ全てに当てはまるかどうかを確認することが大事です。

上記のチェックの方法は、ごく一般的に言われるワキガのチェックの方法で、多く当てはまったからと言って、わきがと断定はできませんから、あくまでも参考にしてください。

専門医の治療を受けた方が早く治りますし、自分のわきがを気にして必要以上に悩んだり苦しむのも避けられます。

また、医療機関やクリニックなどで永久レーザー脱毛の施術を受ける人も増えているようですが、多少高額でもそれで悩みを解消している人も多いので、検討してみるのも良いですね。

自分のわきがを自覚している人が気をつけなければいけない事

わきがの人の臭いは周りに迷惑をかけますが、それ以上に迷惑なのが柔軟剤のニオイです。

柔軟剤の臭いの被害は想像以上に多く、柔軟剤の臭いの被害が続出して「臭いテロ」などという言葉まで生まれています。

消費者団体が行っている、公害をもじった「香害110番」には、お隣さんの洗濯物の臭いがきついとか、通勤電車での柔軟剤の臭いで具合が悪くなり途中で降りてしまうとか、職場の人の柔軟剤で息苦しくなるなどの他、たくさんの被害が寄せられていると言います。

なかには、わきがの臭いか、体臭か、あるいは柔軟剤の臭いかわからない人もいます。

臭いというのは、いつも嗅いでいるとその臭いに鈍感になってしまうという特徴があり、自分の臭いがわからなくなってしまいますから、自分のわきがが気になり始めると際限なく気になり、芳香剤を使い過ぎてしまう傾向があります。

しかし、わきが異常に芳香剤のニオイは周囲に迷惑をかけますからくれぐれも気を付けてください。

ちなみに、もともとわきが体質の人が少なかった日本人ですが、わきが体質の人が年々増加傾向にあり、今では日本人の10~15%程度がわきがだと言います。

わきが体質の人が多い欧米諸国を見ると、なんと80~90%の人がわきが体質だと言い、10人のうち8~9人がわきが体質なのですから驚きます。

わきがで悩む人が増えた原因には日本人の食事が欧米化した事も一つ原因になっています。

また、ストレスやホルモンバランスの乱れからもわきがになるといわれていますが、ストレスの多い現代社会もわきがの人を増やしています。

わきがも人に迷惑をかけたり嫌われますが、わきが以上に柔軟剤のニオイの方が、より人に迷惑をかけているのが今の日本の現状です。