胸の周りから嫌な臭いを感じることはないでしょうか。

もしかしたらそれはチチガかもしれません。

聞き慣れない言葉ですが、チチガとはワキガの一種で、乳輪で起こるものです。

チチガとは何かを知って頂き、原因と対処法を見ていきましょう。

チチガとは?

チチガとは何か、もう少し掘り下げて見ていきましょう。

チチガとはスソワキガの一種で乳輪や乳首、胸のみでなく、その周りから発せられる臭いのことを言います。

臭いの強さや原因には個人差があり、一般で言うところの汗臭いとは別のものです。

人間の体にはアポクリン腺とエクリン腺があります。

二つとも汗を分泌する器官ではありますが、独特の臭いのする汗を分泌するのはアポクリン腺になり、これがワキガやチチガの原因となります。

誰にでもあるアポクリン腺ですが、発達の度合いは人によって違います。

アポクリン腺が発達しているとワキガやチチガと言ったものになる可能性が高まります。

どうしてチチガになる?

乳輪周辺にあるアポクリン腺が刺激されると臭いの強い汗が出ることがあります。

これがチチガの原因となるものです。

体質によって起こるものですので、病気ではありません。

チチガではないかと気づかれた方は「下着の臭いが気になる」、「下着に染みが出来ている」や「パートナーに指摘された」と言う方が多いです。

なかなか自分自身では気づくことが難しいので、もしかしたらと思われたら一度所定の医療機関でご相談されてみると良いでしょう。

出産後の女性はチチガになりやすい

出産後にチチガになる方もいまして、その理由にホルモンバランスの変化などが挙げられます。

アポクリン腺はホルモンの影響を受けます。

出産後はホルモンのバランスが非常に悪くなり、その影響でアポクリン腺が刺激されチチガとなってしまうことがあります。

他にもブラジャーがきついとチチガになりやすいとも言われています。

出産後は一般的に胸のサイズが大きくなりますので、普段使っているブラジャーが小さくなってしまいます。

そのため胸が締め付けられ、リンパの流れが悪くなり、結果チチガになってしまいます。

出産後はブラジャーのサイズにも気をつける必要があります。

このような理由でチチガになっても赤ちゃんにチチガが伝染することはありません。

赤ちゃんの口から独特の臭いがすることでチチガと気づく方が多いため、赤ちゃんにチチガが伝染しないかと心配される方もいらっしゃいます。

赤ちゃんの口からチチガの臭いがしても一時的なものですので、伝染はしませんので安心して下さい。

小まめに乳パッドを変えたり、下着を変えて清潔にする必要はありますが、チチガへの治療をお考えになるのは授乳期間が終わってからで大丈夫です。

普段の生活でもチチガの原因は隠れている

アポクリン腺はら分泌される汗は精神的な問題で分泌されることが多いです。

過度の緊張を受けたり、神経質な日々を過ごされたりしているとアポクリン腺からの汗が多く分泌されてしまいますので臭いの原因になります。

手に汗をかく状況などが当てはまり、普段からこう言った場面が多い方はリラクゼーションを見つけると良いでしょう。

また、服に臭いが染み付かないためにも小まめに洗濯したり清潔を保つことが大事です。

重曹を使った洗剤であれば頑固な臭いも取れやすいので洗濯の際には重曹をお使いになることをおすすめします。

他にも食生活で改善出来ることもあります。

普段から脂っこいものや、脂質の多いものを取られている方は注意です。

ファーストフードやコンビニ弁当など日常生活には自身が思っているよりも脂質の多いものがあります。

野菜やキノコや海藻を一緒に取るようにして脂質の吸収を抑えて下さい。

それでも臭いの気になる方は医療機関で相談されることを勧めます。

チチガの簡単なチェック方法

非常にデリケートな問題ですので、医療機関に相談されるにも足が重いことでしょう。

そこでチチガの方の特徴を簡単にまとめましたのでセルフチェックの材料としてお使い下さい。

両親がワキガかチチガ

ワキガやチチガは遺伝することが多く、片方の親がワキガの場合は50%ほどで、両親ともにワキガであれば80%ほどで遺伝すると言われています。

原因となる発達したアポクリン腺が遺伝されますので、ご自身もワキガやチチガの可能性は高くなってきます。

ワキガの症状がある

ワキガの症状がある方はアポクリン腺が発達していますので、チチガである場合があります。

さらにスソワキガなどと言った別のケースも関係してきますので注意が必要です。

ブラジャーが湿って臭っている、または黄色く汚れている

お使いのブラジャーから独特な匂いがした場合はアポクリン腺から出た汗が染み付いている可能性があります。

しかし単純に汗をかいたからと言う理由もありますので一概に判断することは出来ません。

ですが、ブラジャーが黄色く汚れている場合は要注意です。

アポクリン腺からの分泌物に黄色く色をつける物質がありますので、ブラジャーの乳頭部分が黄色く汚れている場合はチチガの可能性があります。

耳垢が湿っている

耳の中にはアポクリン腺しかありません。

このためアポクリン腺が発達されている方は耳垢が湿っていることが多いです。

キャラメルのようにドロドロした耳垢が出てきた場合はアポクリン腺が非常に発達していることになりますので、ワキガやチチガの可能性が非常に高くなります。

逆に少し体臭が気になる方でも耳垢が乾燥していればワキガなどではありません。

チチガの臭いを抑えるために出来ること

チチガの臭いを抑えるためには、市販されている制汗剤やデオドラント製品はおすすめしません。

制汗剤やデオドラント製品は刺激が強いため臭いがより悪化してしまう可能性もあります。

お使いになるのであれば、刺激の少ないクリームタイプの制汗剤をおすすめします。

チチガ専用と言うものはあまりないので、ワキガ用の制汗剤クリームで乳輪の周りでも使えるものを探しましょう。

谷間からする臭いとチチガとは別のものになりますので、気になる方はガーゼなどで部分的に汗を拭き取り臭いを確認すると良いです。

また汗取りパッドを利用する方法もあり、最近では脇だけに限らず胸用の汗取りパッドも販売されています。

胸用の汗取りパッドは洗濯することで何度でも利用することが出来ます。

根本的な原因を取り除くために脱毛をされる方もいらっしゃいますが、カミソリや毛抜きではあまり意味がありませんし、脱毛ワックスなどでは刺激が強すぎるためおすすめ出来ません。

もし脱毛をお考えになるのであれば専門のサロンなどをお使い下さい。

チチガは治せる?

ワキガと同じくチチガも治療可能です。

しかしデリケートな部分なので切開したりしないかととても不安になる部分です。

最近では切らずに治療出来る電気凝固法、ウルセラドライ法、ペアドライ法と言った治療方法があります。

それぞれ特徴や治療期間、値段が違ってきますのでご自身の症状とあった治療法を見つけることが大事になってきます。

あくまで症状が重たい方の最終手段となってきますので、治療をお考えの方はまず医師に相談されることをおすすめします。

まとめ

非常にデリケートな問題で、誰にも相談出来ずに悩んでいる方は多くいます。

女性の特徴であるバストから嫌な臭いがしてくるとそのショックは筆舌に尽くしがたいものがあります。

しかしながら対処法はありますし、治療も可能です。

臭いが気になる方はまずご自身でチェックして頂き、チチガかどうか確認してみましょう。

是非ともよりよい生活を送るため、悩み解消にお役立て下さい。