脇汗が多い原因は?

脇汗だけ妙に出てくる・・・それは、個人差はありますが「脇汗が多い」というのは理由があります。

全身に汗を出す汗腺は2種類あり、アポクリン腺とエクリン腺といいます。

アポクリン腺はフェロモンを含んだ栄養成分の多い粘り気のある汗を、エクリン腺はほとんどが水分のサラサラした汗を出します。

エクリン腺は身体全体で200~400万個以上あるといわれていますが特に脇の下はエクリン腺が集中しているため、他の部分よりも汗が多く出ているような感じがします。

しかも体温を調節するために出されるので、暑い時や運動をして体温が上がった時などは熱を下げようと大量の汗が出てしまいます。

普段腕を下ろしているので脇と身体の皮膚が重なり、汗の水分がすぐに蒸発されず蒸れたり汗の流れる感覚が強く感じることも、脇汗が多いと感じる原因です。

さらに女性は脇毛を処理している人も多いので皮膚の摩擦が多くなり、より脇汗を直接肌に感じやすくなってしまいます。

脇汗は臭う汗と臭わない汗があるの?

臭う汗と臭わない汗というのは実際にあり、先ほど説明した2つの汗腺によって左右されます。

アポクリン腺は栄養成分の多い汗だけあって、発汗すると皮膚にある常在菌に分解されて臭いが発生しやすいという特徴があります。

脇の他にも乳輪、頭部、下腹部といった限られた場所にだけ存在します。

出たばかりのアポクリン腺の汗は無臭なのですが、時間が経つと栄養成分が豊富なだけに、菌に分解されたときの臭いがきつくなってしまうのです。

エクリン腺から出る汗もはじめは無臭です。ただ、成分はアポクリン腺よりも栄養成分が少なく水分が多いため、皮膚上の常在菌に分解されてもひどい臭いではありません。それでもやはり時間が経つと、臭いは強くなってきます。

臭わない汗というのは汗を頻繁に出している場合に多く、臭いがきつくなるアポクリン腺の汗もエクリン腺から出る汗にどんどん流されていくので常在菌に分解されることが減り、あまり臭わないように感じます。

ところがあまり汗が出る機会が少ないとアポクリン腺の汗も出る機会が減るため身体の中で濃度を増し、いざ汗が出たときに常在菌の分解が激しくなり臭いも強烈になってしまい、臭う汗だと感じてしまうのです。

脇汗を抑える方法は?

脇汗を抑えるためには、いくつかの方法があります。

リラックスする事を心がける

汗は心理的な要素で多く出てしまいます。

  • ストレスを溜めないようにする
  • 深呼吸を意識的にする
  • お風呂にゆっくりつかる

といったリラックス方法や、どうしても解決できない精神要因にはカウンセリングを受ける事も大事です。

制汗剤を使用する

市販の制汗剤を利用して、汗が出ることを抑えてしまいます。

汗をかいてしまうと流れて効果が薄くなる事もあるので、定期的に塗りなおしが必要です。

種類によっては臭いを抑えてくれる効果もあります。

夜塗って朝ふきとるだけで1日の発汗量をコントロールしてくれるものなどもあるので、自分に合った制汗剤を使用するようにしましょう。

食生活を改善する

  • 油っこい食事
  • 香辛料の強すぎるもの
  • 乳製品
  • 肉類ばかりの食事
  • インスタント食品
  • コーヒーの飲みすぎ
  • アルコール

などは、脇汗が増える原因だと言われています。

脇汗を減らすためには、

  • 大豆・大豆製品(豆腐・納豆・みそ・煮豆・きなこなど)
  • 抗酸化作用のあるもの(レモン・にんじん・ピーマン・イチゴなど)

などを多く摂取するようにして活性酸素を減らしていくことが大事です。

適度な運動

適度な運動を心がけるようにすると汗腺も活発になり、老廃物も一緒に流されます。

「汗が出るからいやだ!」といって汗をかかない生活を続けると、少し汗をかいただけで濃度の濃い臭くなりやすい汗が出てしまいます。

毎日の生活の中に少しでも運動する事を取り入れて、汗を溜めないようにしましょう。

ダイエットをする

適度な運動はダイエットにもなりますが、過度に体脂肪率が高い場合は身体に熱がこもってしまい、体温を下げようと大量の汗をかいてしまいます。

適切なダイエット方法で無理をせず体脂肪率が低くなるようにしましょう。

ホルモンバランスを崩さない

不規則な生活を送っていると身体のホルモンバランスが崩れてしまい、汗をかきやすくなります。

女性は更年期を迎えると女性ホルモンが減少し、自律神経のバランスも崩れてしまいます。

更年期障害での大量な発汗がある場合は婦人科を受診して改善する必要があります。

ツボを押す

脇汗を止めるのに有効なツボが4つあります。

  1. 手の平を上に向けた側の、ちょうど薬指の真下の手首部分に『陰郄 (いんげき)』というツボがあります。
    そこを押すと身体の余計な熱を逃がし、体温を下げる効果があるので汗が出にくくなります。
  2. 手の甲側の人差し指と親指の骨がVの字のようになっているところから人差し指にむかって押していくと痛みがあるくぼみ部分に『合谷(ごうこく )』というツボがあります。
    このツボは自律神経を整える効果があり、体温調整作用で脇汗を抑える効果があります。
  3. 手の平をギュッとにぎった時に、手の平と小指の付け根部分にできる三角の部分にある『後谿(こうけい) 』というツボで、そこを押すと身体を冷やし汗が抑えられる効果があります。
  4. 乳首から約4cmほど上に『屋翳(おくえい) 』というツボがあり、脇汗の他上半身の汗を抑える即効性があります。

ツボを押すと精神安定効果もあるため、緊張して汗をかきやすい人には特におすすめの方法です。

ミョウバン水を利用する

お芋や栗などの煮崩れ防止やごぼうやれんこんのアク抜きに利用される焼きミョウバンには、汗を抑える制汗作用があります。

150ccの水に5gの焼きミョウバンを加えてよく混ぜ、一晩放置させると完全に溶けてミョウバン水の原液ができます。

これを更に10倍に薄めてスプレーボトルに移し、脇にスプレーしておきます。

市販の制汗剤にもミョウバンは使用されており、手作りのミョウバン水でも十分制汗・消臭・殺菌効果もあります。

焼きミョウバンは100円前後で購入できるのでお得に汗と臭いを抑えることができます。

多汗症の治療や手術をする

様々な対処法を試してみたけど汗がどうしても多く出てしまうという場合、『多汗症』を疾患している可能性があります。

汗がどうしても止まらないという場合は『皮膚科』か『多汗症専門外来』を探して受診しましょう。

手術をして脇汗を出す汗腺自体を取り除いたり破壊したりすることで脇汗を出さないようにするという方法もあります。

基本的には保険が利かないので、だいたい20~40万円程度かかります。

手術方法もいくつかありますし、病院により変わってくるので事前によく相談する事が必要です。

汗腺を無くすメリットとデメリットもよく考えて行動しなければなりません。

ボトックス注射を打つ

ボツリヌス菌から抽出したたんぱく質を脇に注射し、脇の筋肉を麻痺させて汗が出ないようにするという方法も最近注目されています。

重度の多汗症と診断を受ければ保険適用で3万円前後でできますが、普通は保険適用外なので施術に10万円前後かかってしまいます。

さらに、注射を打っても効果は3~6ヶ月ほどしか続きませんし内出血や脇以外の部分からの多汗という副作用もあるので、しっかりとカウンセリングを受けて注射を選択しなければなりません。