すそわきがとは?

すそわきがとは、分かりやすく云うと陰部のわきがを指します。

人間にはエクリン汗腺とアポクリン汗腺という二つの汗を出す腺があります。

エクリン汗腺は人の全身に無数にあり、ここから分泌される汗の99パーセントが水分で、1パーセント以下が塩分、尿素、アンモニアなどです。

エクリン汗腺からかいた汗によって、皮膚は酸性になるため、菌の繁殖を防ぐことが出来るため、強い臭いになることはほとんどありません。

これに対してアポクリン汗腺は腋の下、陰部、肛門、乳輪などに集中しており、誰にでもあるものですが、その数には大きな個人差があります。

遺伝や食生活などの理由によってアポクリン汗腺の数が増えたり活動が活発化するために、すそわきがの体質が現れるかどうかに影響が出ます。

陰部にあるアポクリン汗腺から分泌される汗が、皮脂腺から分泌される皮脂と混じり、細菌によって分解される時に独特な匂いが発生します。

この体質をすそわきがと云います。

すそわきがの特徴は?

すそわきがはわきがの臭いと似ていますが、女性の場合はおりものや蒸れやすさにより雑菌が繁殖しやすく、わきがよりも強い臭いになりやすいのが特徴です。

臭いは体質などによって個人差がありますが「チーズが腐った臭い」「魚の生臭さ」「鉛筆の芯のような臭い」「お酢のような酸っぱい臭い」など様々な例えがあります。

様々な要因によって臭いが変化するため、確実にすそわきがであるかどうかの判断を自分でするのが難しいのも特徴のひとつです。

イカ臭・アンモニア臭・雑巾臭は、菌の繁殖によって発生している臭いなので、すそわきがではありません。

生臭い腐った魚のような臭いや腐敗臭の場合は、性病の可能性もありますので、婦人科などの医師への相談をお奨めします。

乳輪からわきがの臭いがする場合は、ちちがと云われますが、大別するとすそわきがに含まれます。

授乳後の赤ちゃんの口からわきがの臭いがしたりする場合はちちがの可能性があります。

すそわきがの臭いが苦手という人がいる一方で、好きだったり興奮を覚える男性もおり、男性を惹き付けるフェロモンの一種だという説もあります。

体調が悪い時や、ストレスを感じている時などは、アポクリン汗腺からの汗の分泌量が増えるために臭いが強くなる場合があります。

また、緊張や興奮などによってもアポクリン汗腺からの分泌物は増加するため、性行為中にパートナーに気付かれる可能性が高いです。

デリケートな問題なので、行為の後に男性から女性へ伝えることは難しいですし、下手に伝えると関係に亀裂が入ることもあります。

すそわきがの発生場所としては、アポクリン汗腺がたくさん密集しているVIOゾーンが挙げられ、特にIゾーンはおりものや尿、汗などで非常にムレやすく雑菌が多く繁殖しやすい部位のため、強い臭いが発生しやすいです。

すそわきがになる原因は?

遺伝によるもの

アポクリン汗腺の数が多いほど、汗の分泌量が増えて臭いが発生しやすいため、わきがやすそわきがの体質が現れやすいです。

そしてアポクリン汗腺の数は、遺伝によって左右されるため、両親のどちらかまたは両方がわきが、すそわきが体質の場合は遺伝する可能性が高いです。

わきが体質は子供に受け継がれやすい優性遺伝であるために、両親の片方がわきが体質の場合は50%、両親ともわきが体質の場合は80%と、高い確率で遺伝します。

また、両親がわきが体質でなくても、近親者がわきが体質の場合は隔世遺伝する可能性もあります。

動物性油脂が含まれる食生活

肉やチーズに多く含まれる動物性の油脂は、アポクリン汗腺の活動を活発にする働きがあります。

そのため肉やチーズなどを好んで多く摂取する人は、量や頻度に比例してすそわきがになる可能性も高くなっていきます。

すそわきがの対処法

すそわきがの臭いが発生する原因は、アポクリン汗腺からの分泌物と雑菌であるため、デリケートゾーンの汗をこまめに拭き取り、雑菌の繁殖を抑えて清潔に保つように気を付ければ、ある程度は臭いを軽減することができます。

また、通気性の良い下着と服を用意し、もし汗をかいたらすぐに服を着替えるように心がけることも対処法のひとつです。

食事も肉やチーズなどの動物性の油脂を含むものをなるべく避け、野菜中心の食生活に切り替えることでも効果が得られます。

香辛料やにんにく、たまねぎ、ニラなどの臭いが強い食べ物は、体から臭い成分をそのまま排出する上、アポクリン汗腺を刺激して活発にしてしまいます。

すそわきがを抑える方法としては、魚介類や野菜類を中心の食生活に切り替え、油はゴマ油やオリーブオイルなど植物性のものを使用しましょう。

すそわきがの臭いが強く、対処をしても臭いが弱まらない場合の根本的な解消方法としては、病院での手術を受けるしかありません。

ただし、すそわきがは病気ではなく体質のため、手術すれば完全に無くなるものではなく、肉中心の食生活を続けていれば再びすそわきがの体質が現れてくる場合があるので注意が必要です。

すそわきがになりやすい人の特徴は?

女性に多い

女性のアポクリン汗腺は活動範囲が広く、陰部が蒸れやすいため、すそわきがは女性に多い体質です。

さらに生理中などは分泌物の量が増えるため、臭いが強くなる傾向にあります。

わきが体質である

もともとわきが体質である場合は、原因が同じアポクリン汗腺からの汗の分泌ですので、すそわきがも併発しやすい傾向にあります。

わきがは両親や近親者から遺伝する可能性が高いため、両親または近親者がわきが体質である場合は注意が必要です。

肉やチーズなどが好き

動物性油脂が多く含まれる肉やチーズが中心の食生活を送っている人は、アポクリン汗腺からの汗や皮脂の分泌量が増加する傾向にあります。

また、皮下脂肪が増加すると、アポクリン汗腺の活動が活発になりやすくなります。

肉やチーズなどを好んで食べる人が多い国は、国民全体の8割程度がわきが体質です。

逆に野菜中心の食生活を送る人が多い国は、国民全体の1~2割程度に留まります。

わきが体質を遺伝してしまっている場合でも、野菜中心の食生活を送るように気をつければ、一生わきが体質が現れない場合もあります。

すそわきがのセルフチェック方法

以下の項目に多く当てはまる場合は、すそわきが体質である確率が高いです。

ただし全て当てはまっていても、確実にすそわきが体質である訳では無いため、気になる場合は医師の診療をお奨めします。

下着に黄色いシミがついている

アポクリン汗腺から分泌される汗や皮脂は、黄色く濁っているという特徴があるため、下着に黄色いシミが付いている場合は、わきがやすそわきが体質である可能性が高いです。

耳垢が湿っている

耳垢が湿っている場合は、アポクリン汗腺からの分泌物によって湿っているため、わきが体質である場合が極めて高いです。

陰毛が太い、濃い

アポクリン汗腺が多く、活発に活動をしていると陰毛が太く、濃くなる傾向にあります。

また、陰部が蒸れやすいために、すぐに臭ったり、臭いが強くなったりしやすいです。

乳首から独特の臭いがする

乳首周辺はアポクリン汗腺が集中しており、乳首から独特の匂いがする場合は、わきが・すそわきがである可能性が高いです。

5.わき毛や陰毛などに白い粉がついている

制汗剤などを使っていないのに、わき毛や陰毛などに白い粉が付くのは、アポクリン汗腺から分泌した汗の成分が結晶化したものです。