脇の下から生じる悪臭は、入浴の仕方と関係があります。

普段の入浴方法をちょっと見直してみるだけで、臭いの程度が抑えられる事もあるのです。

もしも悪臭が気になる時には、下記の点に気を付けてみると良いでしょう。

入浴をするのは朝よりも夜がおすすめ

まず入浴のタイミングは、脇の下からの悪臭と関係があります。

悪臭をできるだけ抑えたいなら、入浴は夜にする方が良いでしょう。

それには、主に2つの理由があるのです。まず1つ目の理由は、乳酸が無い状態が短くなってしまうからです。

脇の下から悪臭が生じるか否かは、体内の乳酸量に左右される一面があります。

あまり乳酸の量が多いと、悪臭の程度もやや強くなってしまうのです。

ところで眠っている間は、乳酸の量が少ない方が良いのです。

そのためには、入眠時の乳酸の量をできるだけ減らす必要があります。

それで入浴をしますと、体内にある乳酸を減らす事ができます。

その後に眠りますと、体内の乳酸が少ない状態を長時間持続する事ができます。

その方が、脇の下から生じる悪臭の程度も減らせるのです。

逆に朝の時間帯に入浴してしまいますと、眠っている間は乳酸量が多い状態になってしまいます。

せっかく朝に入浴をしても、昼間の様々な活動で乳酸量は増加してしまうのです。

その状態で入眠すると、体内の乳酸量が多い状態で長時間過ごすことになってしまいます。

それは悪臭の程度を強めてしまうので、朝よりは夜に入浴するのが望ましいでしょう。

もう1つ理由があります。

副交感神経を優勢にする必要があるからです。

そもそも朝の時間帯は、少々バタバタしている傾向があります。

多くの方々は、その時間は忙しいのです。

それで多忙な状態で入浴してしまいますと、なかなか副交感神経が優位になりづらいのです。

それでは、体内の乳酸が増加してしまいます。

逆に夜にリラックスした状態で入浴をする方が、副交感神経は優位になるのです。

この観点からも、朝よりは夜に入浴する方が、ワキガの臭いも改善されやすくなるでしょう。

長湯するべきではない

それと入浴をする時間の長さにも注意が必要です。あまり時間が長いのは、望ましくありません。

というのも時間が長く経過すると、神経の状態がやや微妙になるからです。

そもそも入浴をしますと、副交感神経が優勢になる傾向はあります。

その状態にしておきますと、脇の下から生じる悪臭の程度も弱くなるのです。

ですから副交感神経は、できるだけ優勢にするべきです。

ところが長い時間入浴をしますと、今度は交感神経の方が活発になってしまうのです。

それは、かえってワキガの状態を悪くしてしまう傾向があります。

入浴をする事自体は、大いにワキガ解消の効果は期待できます。

だからと言って、あまり時間が長すぎるのも問題なのです。

1つの目安としては、のぼせてしまうか否かです。

長い間湯船で滞在していれば、自然とのぼせてしまうでしょう。

そうなる少し前に、浴室から出るのが望ましいのです。

時間調整も、ワキガ解消のポイントになります。

あまり擦りすぎるのは良くない

入浴をすれば、もちろん体はこする事になります。

体に付着した汚れを除去する必要はありますから、体をこする事自体は大切なのです。

そうかと言って、こすり過ぎも気をつけるべきなのです。

なぜなら、それはワキガに対する悪影響が懸念されるからです。それには主に2つ理由があります。

まず1点目は、脂分の分泌です。

そもそも人間の体は、傷ついた箇所をガードしようとする働きがあります。

ガードする方法も色々なのですが、その1つが脂分なのです。

ただしその脂の量も、通常ならばそれほど多くはありません。

こすった程度によって、脂分が多くなってしまうのです。

総じて、過剰に擦ってしまった時には、脂分の分泌量も増加する傾向はあります。

ところで脇の下から生じる悪臭は、必ず雑菌類が関わっています。

空気中には多数の雑菌類が生息していますが、基本的には栄養分が多い箇所で増殖する傾向があります。

上記の脂分が、その1つなのです。

つまり脇の下から分泌される脂分が増加すると、悪玉菌も増加してしまうのです。

その結果、臭いの程度が強くなってしまいます。

それともう1つの理由は、常在菌の量です。

脇の下には、その常在と呼ばれるタイプの菌類が存在します。

そして常在菌は、臭いを調整してくれる働きがあるのです。

ですから常在菌が生息してくれている方が、悪臭の程度も抑えられる傾向があります。

ところが過剰に脇の下を擦ってしまいますと、どうしても常在菌の数が減少してしまうのです。

悪臭を抑えてくれる菌類が減少すれば、もちろん臭いの程度も強くなってしまいます。

これら2つの要素を考慮しますと、やはり入浴時には余り擦らない方が良いでしょう。

擦るにしても、適度にすべきなのです。

お酢をミックスする

他にもポイントがあります。

湯船に対して、お酢を混ぜてみるやり方もあるのです。なぜならお酢には、殺菌力が見込まれるからです。

上記でも少し触れた通り、脇の下からの悪臭には雑菌類が関わっています。

ですから悪臭を何とかしたい時には、雑菌類を減少させる必要があります。

それでお酢というのは、主に酢酸によって形成されています。

それは雑菌類を抑えてくれる力が、とても強いのです。

ですから湯船の中にお酢を少し加えてあげるのは、有効です。

それと汗の性質を変化させてくれる力です。

お酢の中にはクエン酸も含まれていますが、それは体内から分泌された汗と反応してくれます。

それでクエン酸とミックスした汗は、悪臭を発しづらい状態になるのです。

ある意味、汗を中和してくれる効果が見込まれる訳です。

このため普段の入浴の際には、ちょっとお酢を混ぜてみると良いでしょう。

ただし、お酢は多すぎるのも良くありません。

基本的には50ml程度が望ましいので、それ以上は混ぜない方が良いでしょう。

すすぎを中途半端にしないよう注意

普段から忙しい方々などは、入浴がやや雑になっている事があります。

ワキガ解消を考慮すると、それはマイナスなのです。特にすすぎには注意が必要です。

入浴をすれば、もちろん体を洗浄する為に石鹸は使用するでしょう。

ところが、その石鹸は完全に除去する必要はあるのです。

石鹸の残りカスなどは、注意が必要です。

上記でも少し触れましたが、雑菌類にはエサがあります。

実は石鹸の残りカスなども、雑菌類のエサの1つなのです。

もちろんエサが増加してしまえば、脇の下に生息している雑菌類の数も増加する事になります。

それは、ワキガの臭いの程度を強めてしまう訳です。

このため体を洗浄した時の石鹸は、丁寧に除去する必要があります。

たとえ忙しくても、石鹸の洗い残しには要注意です。

半身浴をする

ところで最近では、半身浴という表現が使われている事もあります。みぞおち位の水位で入浴するスタイルです。

それで半身浴には、デトックスに関する力が見込めるのです。

もともと体から出てくる悪臭は、体内に蓄積した老廃物とも関係があります。

そういう物は、できるだけ体外に出してあげる必要があります。

半身浴を行いますと、体の外に悪臭原因が排出される訳です。

ワキガ対策に関わる6つのポイントまとめ

以上から、ワキガが気になる時に入浴をする際には、全部で6つポイントがあります。

時間帯と入浴の長さと、こすり過ぎです。

そしてお酢と洗い残しと半身浴です。

脇の下から生じている悪臭が少々強いと感じられる時には、これら6つのポイントを心がけて、入浴してみると良いでしょう。