オロナインはわきがに効くの?

ワキガによる悪臭が気になる時には、様々な塗り薬が検討されています。

時には、オロナインが検討される事もあるのです。

それでオロナインが本当に消臭効果を発揮してくれるかと言われれば、「短期的」という条件の下で効果は期待できます。

殺菌効果が期待できるオロナイン

そもそもオロナインの中には、殺菌効果がある成分が含まれているのです。

例えば、どこかで転んでしまったとします。

そのまま放置しておきますと、転んだ時の傷口から雑菌類が入ってしまう可能性もあるのです。

当然、それは肌の状態を悪くしてしまいます。

傷口の化膿がエスカレートしてしまうと、厄介なことになってしまう可能性もあります。

そういう時に、オロナインを使ってあげるのは有効なのです。

殺菌効果がありますから、傷口の化膿などを防げるからです。

脇の下から悪臭が生じる原因

冒頭でも触れた通り、脇の下からも強い臭いが生じてしまう場合があります。

何が悪い臭いを作り出しているかというと、雑菌類です。

当然脇の下からは、汗などが分泌される事はあります。

それで脇の下周辺に生息している雑菌類によっては、汗で繁殖してしまう事もあるのです。

いわゆる悪玉菌の増加です。

悪玉菌は、残念ながらあまり良い臭いを放出していません。

ですから汗の分泌量が多い時などは、やや臭いが強くなってしまう訳です。

短期的に臭いを解消してくれる効果

それで上述の通り、オロナインには殺菌に関する力が期待できます。

それは、脇の下で繁殖している雑菌類も例外ではありません。

悪臭を作り出している菌類が減少する訳ですから、必然的にワキガの状態も改善される訳です。

ただしオロナインの効果は、長期的に続く訳ではありません。

基本的には、短期的な効果に限定される事になります。

せいぜい2時間程度しか、効果が持続しないというデメリットはあります。

ですが短期的な効果を求めるなら、使用してみる価値はあるでしょう。

オロナインの成分やオロナインはそもそも何に効くの?

オロナインという製品は、本来はワキガに対して使用する物ではありません。

もっと別の目的で使われる事が多く、総じて肌荒れに対する効果が期待できます。

また傷に関する効果もあります。

吹き出物に関する力

例えば肌に対しては、吹き出物が発生する事もあります。

いわゆる大人ニキビなどで悩んでいる方々も、意外と多いです。

ところで大人ニキビになってしまう理由は、たいてい雑菌類なのです。

ニキビ菌が肌に対して悪影響を及ぼし、独特の腫れた状態になってしまう訳です。

ところがオロナインの中には、殺菌効果がある成分が含まれています。

それで雑菌類を死滅させることにより、吹き出物が解消される効果が見込めるのです。

水虫に関する効能

それだけではありません。

足の強い痒みなどにも、効果を発揮してくれる薬剤なのです。

人によっては、水虫で悩んでいる事もあるでしょう。

その強い痒みの症状は、たいてい白癬菌が原因なのです。

上記のニキビと同じく、その菌が悪影響を及ぼしてしまうので、強い痒みが生じてしまうのです。

そしてオロナインの中に含まれる成分は、白癬菌にも力を発揮してくれます。

白癬菌の数が減少すれば、水虫も改善する訳です。

傷の化膿を防いでくれる

また転んでしまった時の傷に対しても、オロナインは有効です。

子供などは時には転んでしまって、膝の一部を傷付けてしまう事もあるでしょう。

それを放置しておけば、化膿してしまう場合があります。

化膿は、意外と軽視できないのです。

ですがオロナインを使っておけば、雑菌類による化膿を防ぐ事はできます。

したがって転倒した時の切り傷に対してオロナインを使用するのは、大いに有効です。

このようにオロナインという製品は、主に雑菌類による悪影響を解消する為に、使われている傾向があります。

オロナインをわきに塗るデメリットは?

脇の下の殺菌類などが気になる時には、オロナインを使ってみる選択肢は一応あります。

しかしそれにはデメリットはあるので、注意が必要です。

何回も塗り直す必要はある

例えば脇の下の殺菌類の影響が気になるので、オロナインを使ってみる選択肢は一応あります。

しかし、塗り直しの手間というデメリットはあるのです。

というのもオロナインの効能は、それほど長続きするものではありません。

せいぜい2時間程度しか、効果が持続しない製品になるのです。

ですから一旦オロナインを使用しても、2時間後にはもう一度塗り直しをする必要はあります。

それに伴って、若干の手間が生じるというデメリットはあるでしょう。

衣類に対するシミ

それと、服に対する悪影響は要注意です。

というのもオロナインは、衣類などに付着する事はあるのです。

仮にオロナインが衣類に付着してしまった時には、シミを作り出してしまう場合があります。

しかもオロナインは、油性の製品になります。

一旦衣類に付着してしまうと、やや取れづらいシミが生じるというデメリットはあるのです。

悪臭が強くなってしまう可能性

それと脇の下からは、やはり強い臭いが生じている事はあります。

ワキガに悩んでいる方々は、本当に多いです。

ところでオロナインという製品には、独特の強い臭いがあるのです。

その臭い自体は特に問題はなくても、脇の下から生じる悪臭とミックスすると、非常に厄介な状態になる場合があります。

というのも複数の臭いがミックスしてしまうと、かなりの悪臭になってしまう事もあるのです。

ですから脇の下から生じる臭いの状況によっては、かえって悪臭が強くなる可能性はあります。

ワキガの悪臭が100%の確率で解消されるとは限らない点は、注意が必要です。

オロナインをわきに塗るメリットは?

オロナインは、脇に塗ってみるという選択肢はあります。

それは雑菌類が引き起こす悪臭を短期的に解消してくれると共に、保湿効果なども期待できるのです。

クリームなので脇の下の保湿性は高まる

オロナインという製品は、いわゆるクリーム状になります。

スプレーでもジェルでもありません。

ところでクリームのタイプですと、肌の保湿力を高めてくれる事も多いのです。

ですから脇の下にオロナインを付けてあげれば、保湿性が微妙に高まることはあります。

ちなみにワキガで悩んでいる方々は、しばしば脇の下を洗浄しています。

ただ洗浄する回数が多くなると、脇の下も乾燥しがちなのです。

そういう時にオロナインを付けてあげるのは、大いに意味はあります。

乾燥しがちな肌を、オロナインが保護してくれるからです。

黒ずみに関する効果は期待できる

脇の下という箇所は、たまに色合いが微妙になっています。

人によっては脇の下の皮膚が少々強い刺激を受けているので、黒ずんでいる訳です。

そういう時には、保湿してあげる事は大いに有効です。

やはり肌の保湿性を高めてあげる方が、肌の問題点は解消されやすいからです。

ちなみにオロナインが、黒ずみを直接的に解消する訳ではありません。

その色合いが改善されるのを、間接的にサポートしてくれる効果は期待できるでしょう。

ワキガによる悪臭を短期的に抑えられる

それと上記でも触れたワキガに関する効能です。

脇の下からの強い臭いが気になっている方々は本当に多いですが、それは雑菌類が主な原因なのです。

それでオロナインという製品は、短期的に殺菌効果を発揮してくれるのです。

ですから、取りあえず短期でも構わないので、ワキガの臭いを消したい時には有効です。

ただし効果が長持ちしないという点は、注意が必要です。

効果が続くのは、あくまでも2時間目安になります。